roubai300.jpg
ロウバイは春まっさきに咲き始める


roubaigunnsei300.jpg
ロウバイの群生も鮮やか


ロウバイ(蝋梅、Chimonanthus praecox)は、
ロウバイ科ロウバイ属、中国原産の落葉低木です。
1月から2月にかけて、真っ先に春を告げる黄色い花が愛されています。

蝋細工のような不思議な光沢があり、また花の香りも芳しいです。
ソシンロウバイ、マンゲツロウバイ、トウロウバイ、
クロバナロウバイなどの品種で知られています。


■ロウバイの育て方

ロウバイの育て方は、比較的やさしいです。

・植え付け時期
10月〜入梅までに行い、寒い地域では、
12〜2月は避けたほうが安心です。

・用土
ロウバイの植え付け用土は、排水性の高い、
肥沃な土壌が適しています。

・栽培環境
寒さにも強いです。かなり日陰のところでも、
2〜3時間以上の日光があたれば、よく育ちます。

西日や北風と乾燥が苦手です。
寒暖については、強い樹木ですので、
温度管理に関しては安心して栽培できます。

・水やり
ロウバイを雨があたるところに植えるときは、
水やりは雨水だけで、日照り続きのときに土が乾いたら、
たっぷりと与えて栽培します。

・剪定
ロウバイの剪定は、混み合った枝を間引く
くらいでだいじょうぶです。
ひこばえが出たときは、早めにかきとって取り除きます。

・施肥
ロウバイの肥料は、2月と8月に油かす、
骨粉、腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えましょう。

・増やし方
タネまきと挿し芽、接ぎ木で増やすことができます。
タネはアズキほどの大きさで寒さに会うとよく発芽します。
タネを庭などにまき、5〜10mmほど覆土すると春に発芽します。


近日、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイ、トウロウバイ、
クロバナロウバイなど、いろいろな品種が出ています。

いまの時期が通販でりっぱなロウバイが購入できる、
時期ですので、ご覧になってみてください。

>>ロウバイの苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ