waremokou300.jpg
ワレモコウ、愛らしく


waremokou300A.jpg
ワレモコウ、夕暮れに


ワレモコウ(吾亦紅、吾木香)は、
バラ科・ワレモコウ属の夏緑多年草です。

英語ではGreat Burnet、Garden Burnet。
夏から秋に、小さな楕円形の暗紅色の花穂をつけます。

勢いが良く、野趣のある高生種と、
鉢仕立てや寄せ植えに使いやすい矮性種(ヒメワレモコウ)があります。

ワレモコウは、趣のある素朴な花で、
葉は羽状複葉、小葉は長い楕円形で、
縁に鋸の歯のようなギザギザが入っています。

ワレモコウは、切り花にも人気でよく用いられます。


ワレモコウ育て方

ワレモコウの育て方は、やさしく、じょうぶな植物です。
肥料など特別な手当は必要ありません。

ワレモコウは、日当たりを好みます。
半日陰でも育ちますが徒長気味になります。

鉢植えの場合は、真夏には半日陰に移動します。
鉢植えは、土の表面が乾いたらじゅうぶんに水を与えます。

地植えにしている場合は、植え付け後、根付くまでは、
土が乾いたらたっぷりと水を与えます。
その後はひどく乾燥が続く場合以外は、
自然の雨だけ育っていきます。

ワレモコウの花の咲く時期に乾燥させ過ぎると、
つぼみのまま咲かずに枯れることがありますので、注意してください。

ワレモコウが休眠を終えて芽が動き出す、
2〜3月頃が植え替えの適期です。

ワレモコウは、株分けとタネまきで増やせます。
株分けは、植え替えをかねて2〜3月に行いましょう。
根を掘り上げ古い土を落とし、傷んだ根を整理し、
清潔な刃物を使って切り分けて植え付けます。

タネまきは花後にできたタネを保存し、
翌年の4〜5月にまきます。花が咲くのは翌年です。

ワレモコウと同属のオランダワレモコウ(サラダバーネット)の、
若い芽はやわらかく、生でほかの野菜とサラダにして食べると美味です。
キュウリのような風味があり、ビタミンCを多く含みます。

>>ワレモコウの花、苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ