mizukusa300.jpg


アマゾンフロッグビット(学名 Limnobium levigatm)は、トチカガミ科の水生植物です。
和名アマゾントチカガミは、サウスアメリカンフロッグビットとも呼ばれ、メキシコ、西インド諸島、パラグァイ、ブラジルなどに分布しています。
アマゾンフロッグビットは、とてもかわいらしい多年草の浮草で、水中の窒素を取り入れて、空気中に放出する機能があります。
水槽でなくても、コーヒーカップのような器に水を入れても育つので、グリーンの演出効果が楽しめます。さらにじょうぶに育てるためには、できれば直径20cm以上の器が適しています。

アマゾンフロッグビットの育て方はやさしく、ライトのある水槽や半日以上日が当たる場所などに浮かべておくだけで、子株を出してどんどん増えます。
6〜7月頃に白色の小さな可憐な花を付けます。夏場は狭いスペースの場合、水温の上がり過ぎに気を付けてください。真夏に葉の色が黄色くなってきたら、明るい日影に移動します。
アマゾンフロッグビットの草丈は高くならず、水面を浮かび漂いますが、混んでくると盛り上がってきます。浮力が強いので、流れのある水槽でも浮かんでくれるのが、頼もしい水草です。

>>水草をもっと見てみる