sasyouno.jpg


サンショウ(山椒、学名:Zanthoxylum piperitum)は、
自然に実が落ちてできた木は、すくすくと育つのですが、
苗を求めてポットから鉢や地面に植えると、
枯れることも多いのです。

サンショウの苗を、枯れさせず、
元気に育てるコツをご紹介します。

1.販売されているサンショウの苗は「挿し木」か「接ぎ木」の、
苗なので、しっかりした太い苗木を求めます。

2.サンショウには、雄株と雌株があります、
実ができるのは雌株のみですので、
実サンショウを採りたい場合は、よく確認しましょう。

3.サンショウは根の張りが浅めで、
乾燥に弱いので、水切れに気をつけます。
サンショウを枯らせる最大の理由は水切れです。

鉢は深い鉢のほうが向いています。
かといって、しじゅう湿潤ですと根ぐされを起こしますので、
サンショウをよく観察して水やりしましょう。

4.サンショウは、環境の変化に敏感で弱いです。
植え替えがとくに苦手です。
植え替えるときは、用土を苗から落とさず、
静かに慎重に移植してあげましょう。

5.一般的に日の当たる木陰くらいが、生長しやすいです。

6.アゲハチョウの幼虫の食害に注意。
アゲハチョウが産卵しにくるので、
幼虫を見つけたら、すぐに駆除します。


サンショウは、挿し木で簡単に発根します。上
記を参考にして育てれば次々と新しい苗ができると思います。

■参考
・サンショウ(山椒)栽培のコツ
・ちりめん山椒(サンショウ)のレシピ、作り方
・サンショウ 山椒の佃煮の作り方 レシピ
・ブドウ山椒 育て方|高収穫で栽培しやすい
・朝倉山椒 育て方

>>サンショウの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ