rukkora300.jpg


ルッコラ(ロケットサラダ、イタリア語 rucola)は、
アブラナ科キバナスズシロ属(エルーカ)の1種の、野菜・ハーブです。

別名ロケットサラダ、ルーコラ、ルケッタ (イタリア語 ruchetta)、
ロケット (英語 rocket)、アルギュラ (英語 arugula)。

ダイコンに似たクリーム色の花を咲かせるので、
タネの和名はキバナスズシロと呼ばれます。

新鮮な葉はゴマに似た香りとクレソンのような辛味をもち、
ハーブといっても野菜のように生で食するのがおいしいです。

草丈は、30p以上となります。
育て方は、やさしく美味ですので、ぜひお試しください。


■ルッコラの育て方

・タネまき
猛暑や発芽温度の確保できない真冬を除いて、
長期間いつでもできます。

清潔なタネまき用土を使いタネが、
重ならない程度にバラまき、軽く覆土します。

発芽の適温は、15〜20℃です。

・植え替え
本葉が出てきて葉が触れ合うようになったら、
小鉢やポットに植え替え苗を育成します。

鉢、プランター栽培では、培養土に、
直接タネまきしてもじゅうぶん育ちます。

新しい清潔な用土を使うと成果があがります。

地植え、花壇植えでは、
20〜25cmの株間で植え付けます。

・病虫害   
ルッコラは、初夏に稀に立ち枯れ病などが、
発生するので注意します。

アオムシの好むハーブで、とくに気温が上がった、
春から秋にかけて発生するので、見つけ次第捕殺します。


rucola.jpg
ルッコラの愛らしい花


■ルッコラの利用方法

ルッコラは、ゴマのような風味と多少の辛みがあり、
生長とともに強くなります。

栄養素はカルシウム・鉄分・ビタミンCが豊富で人気です。

花が咲いてきたら食するサインで、
香り高く柔らかいです。

花も愛らしいのですが、収穫が目的でしたら、
花芽を摘み取ると葉が柔らかく育ちます。
サラダとして葉を生食すると美味です。

おひたしや炒め物にもおいしいですよ。
ルッコラは、イタリアで焼けたピッツァに、
載せる具材としてたいへん一般的です。

カルパッチョなどの肉料理やパスタにも合います。
ステーキ・ハンバーグや魚のムニエルなどの添え物に、
形が美しく、おいしいので人気があります。
ルッコラの種には強壮作用があるとされハーブティーに用いられます。


rucola (1).jpg
ルッコラとエビのパスタ


>>ルッコラのタネを各種見てみる
 カテゴリ
 タグ