za-sai300.jpg
C)yoshiさん


ザーサイ、ザアサイ、ザーツァイ
(搾菜、Brassica juncea Var. tumida)は、
アブラナ科アブラナ属の越年草です。

また、ザーサイから作られる、
中国の代表的な漬物のことも意味します。

カラシ菜の一種で、
茎がコブ状に太って肥大しているものです。


ザーサイ育て方

ザーサイの育て方は、容易で、
一般的には温暖の気候を好みますが、
寒地での栽培もできます。

ザーサイの葉は濃緑色で、
育成が旺盛でどんな土地でも良く作れます。

独特の辛味と風味がある野菜で、
家庭菜園でも本物志向のグルメのかたから、
人気が出てきました。

深めのプランター、トロ箱でじゅうぶん育てられます。


・用土
水はけの良い場所を良く耕し、
堆肥、化成肥料等を施してすきこみます。

・タネまき
ザーサイのタネのまきどきは、
標準地帯で9月〜10月が適期です。

タネはバラまきし、発芽後間引きして(間引き菜もおいしいです)、
株間を10cmくらいにしましょう。

・追肥
肥料はうすい液肥をときどき与えます。

・収穫
冬から春先にかけて、順次掘り出し収穫します。
漬物に最適で独特の風味で美味なザーサイです。


ザーサイ利用方法

ザーサイを普通に、茎の肥大部を塩漬け、酢漬けにすると、
歯切れもしゃきしゃきしておいしいです。

さらに本格的には、
収穫したザーサイの茎の肥大部分を天日に干し、
一度塩漬けにします。

そして、搾って塩分を抜き、
塩、唐辛子、山椒、みりん、胡麻油、酒など、
調味料とともに瓶詰めして本漬けします。

ザーサイが、漬かってきたら、
塩抜きして薄く切って酒の肴に、刻んで薬味にしたり、
ゴマ油で炒めて食べるとたいへんおいしいです。

キムチの素を入れても美味です! 
中華ラーメン、粥には必須の薬味で、
中華饅頭や餃子の具に使ってもプロ級の味覚です。

桃屋さんのザーサイもおいしいですが、
調味済みの商品より家庭菜園のザーサイは、
味わいが深く格別においしいです。

>>ザーサイのタネを見てみる
 カテゴリ
 タグ