kyuri.jpg
キュウリなどうり科の植物は、つる枯病に注意する


■つる枯病とは?

つる枯病とは、植物の茎、葉、果実に発生する病害で、
茎の被害がとくに多い病気です。
とくにカボチャ、キュウリ、スイカ、マクワウリ、メロンなどの、
うり科植物、エンドウなどに発生します。

つる枯病は、茎の地上部が灰色から黄褐色になり、
病気が進んでいくと病斑部は軟らかくなってきて、
裂けめから浸状のヤニが出てきます。

さらに進行すると黒い点が多数あらわれ、
つるはしおれてやがて葉全体が巻き上がり枯死します。
葉は、褐色の病斑が広がり枯れこみます。

雨が多く高温多湿だと発病しやすくなります。
連作により発病率が増大し植物体に長く潜伏するので、
病害の発生した植物は抜き取って処分します。

枯れた被害葉や土中で越冬した病原菌が、
降雨などによるハネにより広がりますので、
処分はしっかりするのが大切です。


つる枯病防除対策

つる枯病の防除方法は、まずウリ科植物の連作はさけます。
とくに地這いのキュウリは、雨による泥はねを防ぐため、
支柱で育成したほうが安全です。

水やりも株元部分にかけないよう注意します。
定植してから、敷きワラでマルチングをするのも効果的です。

梅雨からの発病が多いので6月以降に、
10日おきくらいにベンレート水和剤、ダコニール1000、
ビスダイセン水和剤などを散布して予防します。

また、発病初期には病斑部に、
トップジンMペーストを塗布しても良いです。


つる枯病有効薬剤

・トップジンMペースト
ペースト剤 樹木の切り口、傷口の治りを早め、
病原菌の侵入を防ぐ。
・ベンレート水和剤 広範囲のカビ性の病気に、
予防効果と治療効果を兼ね備えた殺菌剤。
・ダコニール1000
フロアブル剤 薬害も少なく、
長期間防除効果のある、総合殺菌剤。
・ビスダイセン水和剤
野菜の広範囲の病気に、すぐれた予防効果のある保護殺菌剤。
・オーソサイド水和剤
芝生のブラウンパッチ・種子・球根などの消毒に適した殺菌剤。

*こちらの記事は、 住友化学園芸株式会社さまの、
「つる枯病」の記述を参照させていただいています。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki22.html

>>病害虫予防対策の薬剤と種類を見てみる
 タグ