kurohosi250.jpg


■黒星病とは?

黒星病は、雨などの水分と20度前後の温度で、梅雨時や秋雨など長時間葉が湿ったときに多く発生します。
黒星病は、葉に淡褐色や黒色の斑点ができて広がり、だんだんと葉が黄変して下の葉からつぎつぎと落葉します。葉が全て落ちてなくなり枯死することもあります。
バラの黒星病の病原は、糸状菌というカビの一種です。菌は、水滴により葉にしみこみ発病します。発病した植物の葉の菌は落ちた葉に生在して越冬するので、翌年も菌が飛散して伝染する危険性があります。


■黒星病の予防対策

雨のハネによる感染を防ぐため株元にマルチングを施します。苗の混んでいる枝を間引き、風通しを良くします。
水やりのときには、葉や株元に水がかからないよう気遣います。
肥料はチッ素を控え、リンやカリの多い肥料を与えると効果的です。さらに、耐病性のある品種を選べばさらに安心です。

黒星病が発病してしまっらた、菌が存在する葉を全て取り除きます。落ち葉も処分します。マルチングの上に病葉が落ちたときは、マルチ資材を取り替えてください。
黒星病の予防と対策のための薬剤は、使いやすいタイプで、エアゾール剤では殺虫殺菌剤のベニカX、オルトランCやベニカDX、殺虫殺菌スプレー剤のベニカXスプレーが効果的です。
黒星病の発生前ならビスダイセン水和剤、ダコニール1000などを散布して予防します。発病初期にはサプロール乳剤、トップジンMゾルなども効果的です。
7日〜10日に1回くらいの割合で散布するとさらに効果的とされていますが、殺菌殺虫剤の使用にあたっては、注意書きをよく読んで使用しましょう。
 タグ