[t^X.jpg

レタス(学名:Lactuca sativa)は、キク科の1〜2 年草で、
和名は、チシャ(チサ)と呼ばれます。

レタスは、キャベツやハクサイなどとともに、
人気のある葉もののひとつになっています。
レタスを家庭菜園で作ってみると、
香りがよくシャキシャキとした歯ごたえが魅力です。

レタスは、収穫までが3〜4ヶ月と短く、
土壌をそれほど選ばず適応性が良いので、
プランター栽培、地植えなど家庭菜園にもお勧めです。

レタスは、大きく分けると、
球レタス、サラダナ、リーフレタス、チシャなどに分けられます。
初心者には、リーフレタスやベビーレタスが作りやすいでしょう。

ベビーレタスであれば、
キッチンの窓際などでも育てられ便利ですし、
見た目も鮮やかでおしゃれです。


レタス育て方栽培方法

・芽だしの方法
レタスの発芽適温は20℃前後で、
25℃以上になると、たいへん発芽が悪くなるので、
夏は芽だしをします。

タネをガーゼで包み8〜12時間くらい水に浸し、
2日間冷蔵庫に入れ、日陰に1〜2日置いて、
芽が出てからまきましょう。

・タネまき

寒さが厳しくなる前に収穫するには、
タネは7月下旬〜9月中旬にまきます。

標準プランターの場合、2条にすじまきし薄く覆土し、
軽くおさえて水をやります。
日陰の涼しい場所におき、
乾燥を防ぐため新聞紙などかけておきます。

発芽後は、日光がじゅうぶん当たるところに移し、
水やりは午前中にします。

・間引きと定植
レタスの本葉が3枚までに、
3〜4p間隔に間引きします。
さらに本葉3〜4枚で10〜15pに定植します。

・植え付け
植え付けのときは、株元を少し高めにし、
子葉のまで土を寄せます。
株元を低くすると立ち枯れ病にかかりやすいので、
根が地上に出ないように加減してください。

夏まきでは、9月中旬くらいまで、
寒冷紗をかけておくと生長がよくなります。
乾燥、肥料切れに弱いので注意しましょう。

・追肥
一般に、レタスの植えつけ後3週間すぎたら、追肥をします。
化成肥料を少量まき、中耕してやります。

・収穫
レタスの収穫は、タネまきから約40日後、
外側の葉からかきとって食べると、
再生力が良く長く収穫できます。


レタス利用方法

レタス、採り立てのレタスはサラダに絶品です。
さらに、中華風に炒めたりスープにしたり、
洋風のシチューなど温かい料理にもおいしいです。

家庭菜園ならではの香り高い味と歯ごたえが楽しめます。

レタスに含まれるラクチュコピクリン (lactucopicrin)には、
「軽い鎮静作用、催眠促進」の効果があり、
鎮静剤として利用されていました。

>>レタスの品種とタネを見てみる
 カテゴリ
 タグ