betobyou250.jpg


■べと病とは?
べと病(べとびょう、露菌病)は、ブドウや野菜に多く発生します。
はじめは葉に淡黄色をした小さな斑点ができますが、病気が進むと拡大して淡褐色に変わり、葉脈に囲まれた部分が角形で黄褐色の不正多角形、ステンドグラスのような病斑となり、葉裏にカビが生えます。
べと病は主に下葉から発生し上の葉に拡がります。病斑は進むと黄褐色から灰白色となり、進行すると表面に分生胞子を作るため羽毛状になります。
このような葉は晴れが続くと乾燥してパリパリに、雨が続いて湿度が高いとベトベトになります。 
べと病の発生時期は、5〜7月、9〜10月で、レタス、ハクサイなどでは春先の冷涼な時期に発生し、キュウリやカボチャ、スイカなどでは比較的高温時に発生します。

■べと病の予防と対策
べと病は、湿度が高いとき、とくに梅雨時などに蔓延しやすいので、密植を避け排水を良くして過湿にならないように注意します。敷きワラやビニールマルチをもちいて土壌からの感染を少なくすると発生をかなり抑えられます。さらに収穫期で肥料切れしてくる時期にも発生しやすいので肥料切れに注意しましょう。畑や花壇では、梅雨と秋雨期に被害が増すので、その時期は発病前から発病初期に予防的に薬剤散布(有機硫黄系、Qoi剤、銅剤=ボルドー液など)を行います。べと病は主に葉の表裏の気孔から感染しますので、薬剤散布も葉の表裏にていねいに行うことが大切です。
 タグ