komatuna300.jpg


コマツナ(小松菜)は、アブラナ科アブラナ属の植物で、
1年中栽培でき育て方もそれほどむずかしくなく簡単で、
暖かい時期は20〜30日で収穫できる、たいへん便利な野菜です。

1年のなかでも害虫や寒さの心配がなく順調に育つのは、
3〜5月、9〜10月の涼しい季節です。

降雪地方での越冬は難しいですが、
雪の降らない地方ではマイナス5度くらいまでだいじょうぶです。

プランターを複数用意して、
10日ずつずらしてタネまきをすると、
次々と切らさず食用にできます。


コマツナ容器栽培

容器はプランターでじゅうぶんですが、
収穫量をもっと増やしたい場合は、
トロ箱や大きめのプランターで育成しましょう。

・タネまき
コマツナのタネは、標準プランターの場合、
2列のすじまきにし、覆土します。
5mm〜1cm未満の薄い覆土をしましょう。
発芽は3〜5日後くらいです。

発芽までは土の表面を乾かさないように注意し、
朝、夕と適度に水撒きをしてやります。

・間引き
発芽し葉が混み合ってきたら間引きします。
重なって混んでいる部分を間引き、
最終的な株間を3〜4p程度にします。

この間引いた葉は、「つまみ菜」と呼ばれ味噌汁に入れたり、
サラダ、おひたしにするとたいへん美味です。

・肥料
コマツナの肥料は元肥だけでだいじょうぶですが、
秋植えの場合は生長期間がやや長いので、
草丈10cmになった頃に1度追肥すると、
おいしく元気なコマツナになります。

コマツナの収穫は葉の根元から計って20cm頃が食べごろです。
収穫を逃すと葉が硬くなります。
収穫せずにいるとトウが立ってきます。
このトウも辛し和え、天ぷらなどにして食べられます。

コマツナを夏に作る場合は、
目の細かい防虫ネットで覆うようにしましょう。

ネットとプランターに少しでもスキマがあると、
虫が入り繁殖してしまいますので、
洗濯ばさみなどでしっかりとめてください。


■コマツナ(小松菜)の栄養と食べ方

コマツナの栄養成分は、
カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維などで、
豊かな栄養素を含む万能野菜といわれています。

カルシウムも多く、骨や歯の健康を保つほか、
心臓の働きを助ける効能もあるといわれます。

コマツナは、アクが少ないので、
下ゆでなしでお浸し、煮浸しに使えます。
炒め物、煮魚のつけ合わせ、正月のお雑煮にも最適です。

炒め物、汁物、お浸し、漬物。若い葉は、
サラダに、お料理に添えていただきます。

>>秋まき野菜のタネを見てみる
 カテゴリ
 タグ