melonnew.jpg


メロン(甜瓜、英名:Muskmelon、学名:Cucumis melo)は、
果実を食べるウリ科の一年生草本植物です。

昔は、メロンはたいへん高級品で、
なかなか庶民の手に届きませんでした。

今では、大衆的になり、
メロンで美味な品種が多く出回っています。

メロンは、中国語では甜瓜と呼ばれ、
マクワウリ、ハミウリなどの仲間です。

メロンは、育成するのに管理することが多く、
育て方はやや難しく中級者向きです。

しかし、おいしい果実ができたときの喜びは格別ですので、
ぜひ試してみてください。



■メロンの育て方と栽培管理

メロンの生育適温は25〜28℃と高温で乾燥を好み、雨や多湿を嫌います。
家庭菜園では、プリンスメロン、マクワウリなどが作りやすいです。
またメロンは、地這い作り、立ち作りでも収穫できます。


melon2.jpg
メロンがゴロゴロ♪


・タネまき、育苗
メロンのタネマキ時期は、4月上旬です。
低温ですと生育不良になりますので、
タネマキ後すぐ保温します。
セルトレイ育苗し4月下旬に定植します。

9号鉢やプランター栽培も品種により可能です。
ほかの野菜より高温を必要としますので、
5月上旬まではビニールトンネルで保温してあげましょう。

メロンの市販苗を購入しても安心で手軽です。
耐病性の接ぎ木苗がのぞましいです。

・肥料
肥料は、化成肥料を20日ごとに3回定期的に施します。
肥料を多く与えすぎると着果しないこともあるので、
生育の状態を見ながら追肥してあげましょう。

・水やり
メロンは株の元が湿りすぎると病気にかかりやすくなるので、
株元に水を与えず、鉢やプランターのまわりに溝をつけて、
そこから給水します。

・敷きわら
メロンは高温、多湿でつる枯病などの病害が多発しやすいので、
地植えではマルチし、さらに高温期の地温上昇と乾燥防止、
果実の形を整えるために敷きワラをするとよいです。

・摘心と整枝
メロンの摘心と整枝は、生育の良い子ヅル2〜4本仕立てとし、
子ヅルは20〜25節前後で摘心し、子ヅルの7〜10節目から出た孫ヅルに着果させます。
1果あたりの葉数は10枚以上残し、葉が混まないよう調節してください。

・着果
着果を良くするため、人工受粉を朝6〜8時くらいに行います。

メロンは、孫ヅルの1〜3節目に着果しやすいので、
着果させようとするとする孫ヅルは3節で摘心し、1〜2果着果させます。

・摘果
果実が、ピンポン玉くらいの大きさになったとき、
1本の孫ヅルに1果、子ヅル1本に3果残して摘果します。
残す果実は、病害や傷のない果実で、形の良いものを見極めてください。


melon.jpg
摘果したほうが、質の良いメロンができます


・収穫
メロンの収穫は、ネットメロンで受粉後50〜60日、
マクワウリ、ミニメロンで35〜40日くらいです。

■参考
・メロンの鉢栽培
・プリンスメロンの育て方
・マクワウリの育て方|ネギと同植で病気予防と生育促進!

>>メロンの種類と苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ