二年草にねんそう
生長のサイクルが1年で終わる植物を一年草と言うのに対し、2年で終わる植物を二年草という。植物がある程度生長してから冬の低温を受け、その後開花する。カンパニュラ、タチアオイなどがある。

根腐れねぐされ
水はけが悪かったり、根詰まりしすぎることが原因で栽培している植物の根が傷むこと、衰弱すること。また水遣りや肥料の与えすぎで根腐れし枯れる場合もある。

根詰まりねづまり
同じ鉢、コンテナで、長期間に植物を栽培したときに、根が生長しすぎて固まりになり、通気性、水はけ、養分の吸収力が衰えてきた状態のこと。植え替えをする必要がある。

根鉢ねばち
植物を移植するときに堀り上げられる根と土の塊ポット苗から植え付けるときは、根鉢の下方をくずしてから植え付ける。根が弱い植物や直根性種は、行わない。

根巻きねまき
樹木を移植するときに、根を痛めないように土のついた根の部分を、土ごと形が崩れないように荒縄や布などで包むこと。作業もしやすくなる。根鉢の大きさによって、わらやむしろなどで包む。

濃度障害のうどしょうがい
肥料の量が多すぎたり、濃すぎたりしたために、植物の根が傷んでしまうこと。肥料は水に溶けた状態で植物に吸収されるが、濃度が高すぎるとかえって、根を傷めてしまう。塩類濃度障害とも呼ばれる。
濃度障害にあった根を「根焼け」と呼ぶ。
葉が黄変し、成長が鈍り、重度の場合は枯れてしまうこともある。
 タグ