hanahana300.jpg


リトルチュチュ(Scoparia 'Little Chuchu')は、
ゴマノハグサ科でサントリーフラワーズが世界で初めて園芸化した植物です。

バレリーナの衣装のチュチュを思わせるかわいらしい花が、
たくさん咲くことで人気があります。

色はレモンミスト=黄色とブルーミスト=青で、
春から秋にかけて、キュートな花を咲かせます。

リトルチュチュの育て方はやさしく、
雨や暑さ病気に強いじょうぶな品種です。

リトルチュチュの葉にふれると、
ほのかにフルーツの香りが漂います。

繊細なしべを持つ黄色や青の小花が秋まで咲き続けます。
花壇はもちろん、ベランダやコンテナ、鉢などの、
狭いスペースに植えてもとっても引き立つ植物です。

リトルチュチュは、標準コンテナに3株、10号鉢に3株くらいが、
植え込みの目安です。

水はけの良い土と日当たりが好きです。
植え付けのときには元肥を入れ、その後、置き肥を月1度くらいか、
500〜1000倍の液肥を週1度、水遣りのときに与えてください。

リトルチュチュの株が大きくなり、
姿形が乱れてきたり花が少なくなったときには、
形を整える程度に軽く剪定をしてあげます。
花がらは摘む必要はありません。

リトルチュチュは、基本的に1年草とされていますが、
5℃あれば越冬できます。霜にあてないよう注意してください。

*「リトルチュチュ」は、サントリーフラワーズの登録商標です。
 カテゴリ