aoikesi300.jpg


青いケシ、ブルーポピー、
すがすがしくとってもキレイです。
「ヒマラヤの青いケシ」「天上の妖精」
として有名な花です。

ベトニキフォリアbetonicifolia種が、
育て方が容易で人気があります。

青いケシの育て方は、やや中級者向けですが、
風通しの良い日陰のある場所なら育て方はやさしいです。

気候に合わせて移動できるよう、
プランターや鉢植えをお勧めします。

青いケシが咲いたときの、そのさわやかなブルー、
透明感のある青い花に息を飲みます。

その開花の感動は格別です。
青いケシは、春まきとされますが、
秋にまいて15℃くらいで越冬すると、
夏越ししやすいという解説書もあります。


青いケシ育て方

・肥料はゆっくり効く有機質肥料(骨粉等)を、
少量与え肥えた土にしない。
・西日を嫌いますので、育てる場所は厳選する。
・梅雨時は雨が当たりすぎないよう、
軒下などで管理しましょう。
・暑さに弱く30度以上で枯死するので、
夏は風通しの良い半日陰で管理します。
屋内の半日陰でも良いでしょう。

>>わかりやすいポピーの育て方はこちらです

>>青いケシ、ブルーポピーのタネと苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ