sumomo.jpg


スモモ(酢桃、李)は、
バラ科サクラ属の落葉小高木です。

スモモは、桃よりも耐寒性があり、
高温乾燥にも強いので育て方もやさしく、
初心者でも育てられるくだものです。

同種のプラムやプルーンは、
健康食品でよく知られています。
また、便秘に効果的とも言われます。

「スモモ」も「プラム」も、
呼び方が異なるだけで、同一の植物です。


スモモ育て方 栽培 剪定

・受粉樹
スモモは自家結実性の品種が少ないので、
花粉の少ない品種は、受粉樹が必要です。
受粉樹としては、プルーンは自家結実性が強くお勧めです。

また、梅かアンズの花粉でも受粉しますので、
いずれかをそばに植えてください。

・植え場所、環境
スモモ類は、耐寒性が強く、
高温乾燥にも比較的強いので、
日本全国で栽培できます。

寒い地域では開花期に、
霜に当てないように注意します。

開花期と収穫期に雨が少なく、
水はけ、日当たりが良い場所が適しています。

スモモ類の生育温度は、
平均気温が7℃以上で、
-20℃に耐えられると言われます。

・用土
水はけの良い肥えた土を好みます。

・剪定
植え付け後に地面から50cmくらいで切り詰めます。

スモモは、主幹形仕立てにする場合、
2年目の落葉期に新梢を3分の1くらいに剪定します。
3年目の落葉期には、同じく3分の1くらい、
新梢を剪定しましょう。

・摘果
開花し結実するのは2年目の枝です。
スモモは、果実が多いと生長した時に、
実がぶつかり生長しにくいです。
また擦れて傷つくので、
直径2センチくらいのときに、
混み合っている部分を摘果します。

・病害虫
2月ごろに、石灰硫黄合剤を散布するなどして、
病害虫予防をします。
5月くらいからアブラムシや黒星病に注意します。
発見したら、すぐに消毒します。

・種類
スモモの種類には、
ソルダム サンタ・ローザ
エレファント・ハート メスレー
サンタローザ 黄美娘 貴陽
紅りょうぜん 太陽 大石
などがあります。

今までの品種より糖度が高く、
育てやすいよう品種改良されています。


スモモ利用方法

スモモは、生で、そのまま冷やして、
デザート、サラダ、またヨーグルトと合わせても、
相性が良くおいしいです。

ジャム、クッキー、パン、果実酒、
にしても良い香りで美味です。
オイルサーディンやスモークドサーモンなどと、
マリネにしても見た目もおしゃれで良い味です。

>>スモモの苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ