budou300x.jpg
ブドウ(接木苗)ネヘレスコ−ル


■ぶどう(葡萄・ブドウ)の剪定方法

ぶどうは、鉢植え・プランター植えの場合は、
勢いが良い枝が伸びるように、
家のフェンスや支柱などに交差させるよう誘引します。

露地植えのぶどうの場合は、
元気のある枝で上のほうの枝やつるを、
支柱を立てて上に誘引します。

中間の枝はできるだけ落とします。
下の枝は曲げて下に伸ばします。
こうすると、葉が多くつき栄養が採れます。

ぶどうの木の活動がほぼ止まる1〜2月、
上に伸ばした主枝以外の枝を全て落とします。

切りすぎたかと思うぐらいが良いです。
切り戻しで、樹勢が強くなり、
その後の生長が良くなります。

ぶどうを誘引するときの注意点は、
春から秋の落葉するまでの生長期には、
ある程度自由に生長できるよう、余裕をもって結びます。

生長が落ち着いた頃に、
しっかりと誘引するのがのぞましいです。


hukurokake.jpg
ぶどうの袋かけ


■ぶどうの摘果と袋かけ

ぶどうの摘果は、
粒をそろえて見た目を良くするための作業ですので、
しなくてもだいじょうぶです。

実が5ミリくらいのときに、実を細いハサミで間引きし、
実の間隔を2〜3cmにそろえます。

ぶどうの袋がけは、
実が大きくなり、色づきはじめたころに行います。

新聞紙をぶどうの房に巻くかレジ袋で覆い、
ホッチキスなどでとめます。

袋は上から虫が入ったり鳥が食べるので、
上のツルの近くはしっかりとめましょう。
レジ袋の場合は、房の下方に水がたまらないよう、
穴をあけておきます。

>>ぶどうの苗の品種と価格を見てみる
 カテゴリ
 タグ