sikuramen2.jpg


シクラメンが昨日まで元気だったのに、
急にしおれてしまった!

購入したときは花がまっすぐに咲ききれいだったが、
樹形が乱れてきた、
どうすれば良いでしょうか?


sioreru.jpg
シクラメン、元気がありません


■シクラメンがしおれる理由と対策

◎乾燥しすぎている
シクラメンは乾きすぎると、
急にしおれることがあります。

このようなときは、
たっぷりと水をやり回復をまちます。

シクラメンのしおれかたがひどいときは、
バケツに半分くらい水を張り鉢ごとつけて吸水させ、
しばらく戸外の日陰に置くと、
半日くらいでまた葉がしっかりしてきます。

シクラメンは、ひどくしおれると、
元に戻らないこともありますが、
早めに処置すればじゅうぶん元気を取り戻します。

◎根腐れを起こしている
シクラメンは、水やりが多過ぎて根腐れを起こしている株は、
少し乾いても急にしおれやすいです。

◎暖房などで暑すぎる
また、暖房機の近くなどでは、空気が乾燥し、
温度が熱く急激にしおれることがあります。

シクラメンは、暑さは苦手です。
管理の適温は16〜18度と涼しめです。
気をつけたいのは、日に当ててあげようと、
リビングの窓辺に置いてしまうことです。

窓越しの日光と暖房で温度が上がりすぎ、
「いちょう病」などの病気にかかります。


■水やりと葉組み

◎水やり
シクラメンの水やりは、土がすっかり乾いてから、
花や葉っぱ、株元の球根にかけないようにして、たっぷりあげます。

◎葉組み
シクラメンは、葉組みをしてあげると元気良く小さな花たちが育ちます。
小さなつぼみが葉の下に隠れて枯れないように、
中心の葉を外に軽く押し出すように、
両手の手のひらで押し広げるようにします。
外側の葉に引っかかって株の真ん中に空間ができます。

日光が株の中心まで当たるので、小さなつぼみも生長し花が咲いてくれます。
葉組みを月に1回くらいしてみてください。
すると樹形もきれいに整います。

◎肥料
肥料は、開花期には薄い液肥をあげましょう。
シクラメン本来の花のピークは1月から春までです。

シクラメンは、世話をしてあげると、何年でも花が咲きますので、
長く大切に楽しみたい花です。

■参考
・シクラメンの育て方 栽培方法
・ガーデンシクラメンの育て方|越冬越夏して毎年楽しむコツ!
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・シクラメン 2月の画像

>>シクラメンの花を各種見てみる

(2009/02/27)
 カテゴリ
 タグ