img55383744.jpg
C)ハウジングサポートプラザ


生ごみ堆肥の簡単な作り方、方法には、
主に3種類の方法があります。

1.生ごみ処理容器=専用バケツと堆肥化促進剤をもちいて
微生物などが含まれている堆肥化促進剤を使い、
バケツで堆肥化します。
家の中でも比較的簡単に堆肥ができあがります。

2.生ごみ処理コンポスト容器をもちいて
地上設置型と埋め込み型があります。
土の中の微生物の力で生ごみを分解し堆肥化します。
庭や畑で作ります。

3.生ごみ処理機をもちいて
バイオ式(微生物分解方式)機械で混ぜながら、
微生物によって堆肥化します。
乾燥式(温風乾燥方式)熱や風で生ごみを乾燥させ、
土と混ぜて堆肥化します。


■生ごみ処理容器(専用バケツ)での堆肥化の方法

1.堆肥化促進剤をバケツの底に少しまきます。
2.悪臭がしないよう、水をよく切り、
細かくした生ごみを容器に入れます。
3.堆肥化促進剤を全体に均一にふりかけます。
4.ふたをしっかり閉めます。
5.1〜4のステップを、容器がいっぱいになるまで繰り返します。
6.容器がいっぱいになったら1〜2週間置き、
甘酸っぱい匂いがしたらできあがりです。
7.白カビが生えたら土を入れます。


*注意したいこと
・フタがふくれるときはガス抜きをします。
・容器は直射日光の当たらない所に置きましょう。
・直接畑に入れる場合は、10日後くらいからが良いです。

生ごみ処理機購入の際には、
各自治体により補助金がでる場合があります。
お確かめください。
 タグ