kureson300.jpg


クレソン(オランダガラシ・ウォータークレス)は、
帰化植物で日本各地に群生します。

池や水辺の端、人工的な流水環境、
ハイドロボールを使った容器栽培、
さらにコップでも栽培できるハーブ・野菜です。

クレソンは栄養価も高く、カルシウム、リン、鉄分など無機質、
さらにビタミンC、カロチンが豊富に含まれています。
血液酸化防止と抗菌作用があり、ヘルシーなハーブです。

イチゴなどのあきパックに穴をあけ、
水を流すようにしても、良く育ちます。
液体肥料を月に2回程度与えるようにします。

クレソンの理想的な栽培場所は、夏は涼しく冬は暖かく、
水温15〜20℃程度の水流のあるところです。
水はけのよい砂質の土に苗を植え、
根付くまでしっかり水遣りをすることに注意すれば、
じゅうぶん育てることができます。

クレソンはタネ(種)から育てられますが、
家庭菜園の場合には近隣の畑からとったりスーパーで購入した枝葉を、
さし芽をして発育させたほうが早いです。

クレソンの病害虫は病害よりも虫の害が多いです。
アブラムシやコナガ、ハムシ、カブラバチ、カタツムリなどが発生します。
ベランダや室内であれば、ある程度害虫を防げます。
もし、発見したら捕殺しましょう。

トウ立ちしたら、早めに摘み取ると、葉がやわらかく保てます。


■クレソンの利用方法

クレソンは、サラダやスープ、サンドウィッチ、
肉・魚料理のつけ合わせに豪華でおいしいです。
炒め物やグラタン、ピザにも、味わいが良いですね。
和風料理では、おひたし、和えもの、天ぷらなどが美味です。
味噌汁にしても香りが良いです。
 カテゴリ
 タグ