Pansy (3).jpg
パンジーは、じょうずに育てると長期間次々と花を咲かせます


■パンジー 栽培データ

英名・学名 pansy・viola x wittrockiana
形態 一年草
原産地 ヨーロッパ
草丈/樹高 20cm〜30cm
開花期 10月下旬〜5月
花色 赤、ピンク、黄、オレンジ、青、紫、白、黒、複色
栽培難易度(1〜5) 1
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
特性・用途 耐寒性が強い、初心者向き、花期が長い



■パンジーの育て方

・栽培環境
パンジーは、風通しの良い日当たりを好みます。
ただし、半日陰程度であれば、
花数が多少減りますが枯れることはありません。

あまり日当たりの悪い場所で育てると、花数が減るだけでなく、
茎が徒長して株姿がすぐに乱れてしまうことがあります。

・種まき
パンジーは種まきして栽培することができます。
種まきは、8月下旬〜9月上旬までが適期です。

年内から開花させるには、
9月上旬までに種まきをしましょう。

種まきから定植までの詳しい作業は、
>>パンジーの増やし方 をご覧ください。


Pansy (5).jpg
全体的にずんぐりしていて、花芽や開花が見られる株を選びます


・良い苗の選び方
パンジーの苗を購入する場合は、苗選びがとても重要です。
元気で立派な花を長期間楽しむためには、
丈夫で良い苗を選ぶコツを覚えておくと安心です。 


1.小さすぎない
小さすぎる苗は、種まきが遅かった可能性があります。
種まきが遅いと、花をつけるようになるまでに時間がかかります。
すでに開花していたり、蕾のついている苗を選びましょう。

2.ぐらぐらしていない
苗をポットごとそっと揺らしてみて、
あまりにぐらぐらするようであれば、
しっかりと根が育っていない可能性があります。

揺らしてもぐらぐらせず、しっかりした苗を選びましょう。

3.虫がついていない
まれにアブラムシなどの害虫が、ついている場合があります。
葉の裏や茎などをよく見て、虫のついていない株を選びましょう。

4.根がしっかり張っている
ポット苗の場合、ポットの底の穴から白い根が見えていれば、
しっかりと根が張っています。

根が見えない場合でも、しっかり根が張っているものもありますが、
いくつか確認して根が見えているものがあれば、そちらを選びましょう。

ただし、パンジーの根が伸びすぎて底穴から飛び出し、
茶色くなってしまっているものは避けるようにします。

根が伸びすぎて根詰まりの状態になっている可能性があり、
なおかつ根が茶色くなっているのは傷んでいる証拠です。


Pansy (2).jpg
地植えの場合、株間を15cm〜20cmほどとります


・植え付け
10月〜11月が植え付けの適期です。
パンジーは耐寒性が強いですが、できれば霜がおりる前に植え付けて、
しっかり根付くようにしましょう。

◎地植え
地植えの場合は、植え付ける2週間ほど前までに、
植え付ける場所をよく耕しておきます。

水はけが悪い場合は、赤玉土や腐葉土などを足して調整しておきましょう。
元肥として、緩効性の化成肥料を混ぜておきます。
株間を15cm〜20cmほどとり、苗を植え付けます。


Pansy (1).jpg
ウォールタイプのバスケットに植えても映えます


◎鉢植え
鉢植えの場合は、苗よりも二回りほど大きい鉢を用意します。
あるいは、株間を10cm〜15cmほどとって植え付けます。

目安としては、60cmプランターで3株〜4株程度です。
容器の底が隠れる程度に、鉢底石を入れ、
その上から用土を縁から3cmほど下まで入れます。

使用する用土は、市販の草花用培養土でも良いですし、
赤玉土6と腐葉土3、堆肥1をよく混ぜたものでも良いです。

地植えも鉢植えも、苗を植え付けた後は、
必ず水をたっぷりと与えておきます。

・水やり
◎地植え
地植えの場合は、根付くまであまり乾かないように注意していれば、
後は降雨だけでも間に合うことがほとんどです。

長い間雨が降らないなどで、土が乾燥していると感じたら、
たっぷりと水を与えるようにしましょう。

◎鉢植え
鉢植え、プランターなど容器栽培の場合は、
地植えに比べると、土の量が制限されるため、乾きやすい環境です。

基本は土の表面が乾いたら、
容器の底から水が出てくるまでたっぷりと与えます。

容器栽培であっても、冬の間は乾きにくくなります。
何も考えずに毎日水を与えていると、知らず知らずに過湿の状態になり、
根が傷んだり病気の原因になってしまうことがあります。

水を与える時には土の状態を必ずチェックして、
乾いているようなら与え、まだ湿っている状態なら水は控えます。 



Pansy-new (6).jpg
吊り鉢は肥料が流出しやすいので、様子を見て少し多めに追肥します


・肥料
1ヶ月に1回、緩効性の化成肥料を与えるか、
2週間に1回、規定通りに薄めた液体肥料を水を与える要領で与えます。

パンジーは冬の間も咲き続けますので、
肥料切れにならないように注意しましょう。


・切り戻し
株全体の枝が伸び、株姿が乱れてきたら切り戻しを行います。
茎を見ると、脇芽が出ているところがあるので、その脇芽の上で切ります。

全体の枝を同じくらいの高さの脇芽の上で切ることで、
脇芽が伸びてこんもりと育ちます。


Pansy (4).jpg
パンジーのタペストリーって力作です(大阪)


・増やし方
パンジーは、種で増やすことができます。
温暖な地域では挿し木も可能です。

花が咲いた後、花ガラを摘まずに放っておくと、中心から膨らんできます。
この膨らみが茶色く熟すと、最終的には裂けて中の種が飛び出してきます。

パンジーの種は小さく、飛び散ってしまうと探すことが難しくなるので、
裂ける前に袋などをかぶせておきます。

あるいは、少し緑色が残る程度に熟してきたところで摘み、
封筒などに入れて乾燥させて種を採取します。


■病害虫

パンジーには、アブラムシ・ナメクジがつくことがあります。
アブラムシは汁を吸って、株を弱らせてしまうことがあるので、
見つけたら数が少ないうちに粘着テープなどで捕殺します。


Pansy-new.jpg
花や葉などに光ったスジがあればナメクジです!


ナメクジは葉や花などを食べてしまうので、
こちらも見つけ次第捕殺するようにしましょう。

■参考
・パンジー ビオラ 季節の育て方
・パンジー ビオラが徒長したら?
・パンジー 花が咲かない
・パンジーの増やし方
・パンジーとビオラの寄せ植え
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
[パンジー] ブログ村キーワード

(2008.11.20初出、2014.11.01改訂)
 カテゴリ
 タグ