commonsagef.jpg


コモンセージCommon Sage(ヤクヨウサルビア)は、
セージの代表格でたいへん人気があります。

コモンセージは、料理、ティー、薬用など用途が広いです。
サルビア属には、たくさんの薬用種と園芸種がありますね。

薬用種の代表がコモンセージで、一株植えておけば多くの枝を広げ、
夏には紫色の美しい花を穂状に咲かせ、どんどん成長します。
鉢やコンテナで小さく作りたいときは、剪定をまめにします。

コモンセージは、シソ科の多年草です。
草丈は60〜70cmにもなり、夏から秋にかけて紫色の花をつけ、
花壇に植えると、たいへん引き立つハーブです。

コモンセージのタネまきの適期は、
春(5〜6月)と秋(9月)です。3〜5粒を点蒔きにして、
3mmほど薄く覆土します。

発芽後、順次間引きながら、良い苗を1つだけ残します。
草丈が5〜6cmになった頃に定植します直まきでも、だいじょうぶです。

コモンセージは、日当たりが良く、
水はけの良い、肥えた土を好みます。
しかし真夏の直射日光は苦手ですので、
日陰か遮光してあげます。

乾燥に強いのですが、湿気には弱いので、
土が乾いてからたっぷり水やりするようにします。

開花期は7〜9月、切戻しをすると、
3回くらい花をつけてくれます。

コモンセージは、成長が遅く、タネからの発芽は多少難しいので、
苗から育てた方が簡単です。

挿し木や取り木をすれば、簡単に増やすことができます。

コモンセージは、耐寒性のあるハーブで、
50cm程に生長し、2年目以降から木化します。
枝ごとに収穫し、乾燥保存します。


■コモンセージの利用方法

コモンセージは、とくに肉料理に活用でき、肉の匂いを消し、
油分を分解するので、食後も、さっぱりします。
ステーキ、シチュー、ハンバーグ、ソーセージ、チーズ、
などいろいろ試してみてください。

また、コモンセージの葉を刻んで、
ドレッシングやソース、バター、ビネガーに加えると、
味わいが増し、おいしいです。

コモンセージは、生の葉より、乾燥したもののほうが 
風味が強いので、少なめに使ってください。

食べ過ぎた時などは、食後のお茶に混ぜて飲むと、
口中がすっきりするだけでなく、消化も助けてくれます。

コモンセージのティーは、風邪をひいたときや、
元気のないときに飲むと、具合が良くなります。

>>コモンセージのタネ、苗を見てみる
 カテゴリ
 タグ