bani-400.jpg


ラグラスバニーテールは、秋まき一年草です。

ウサギの尾のような白くかわいい花を咲かせるので、
ウサギの尾を意味するギリシャ語で「ラグラス」、
英語で「バニーテール」、日本語で「ウサギノオ」と呼ばれています。

ラグラスバニーテールは、丈が30cmくらいですが、
草丈が50cmぐらいに高くなるオバタスという種類もあります。

ラグラスバニーテールの花が咲くのは、5〜6月です。
切花やドライフラワーとしても利用されますが、
鉢・コンテナ・花壇やでの栽培も美しく楽しめます。

ラグラスバニーテールは、
発芽率がとてもよく、こぼれ種でも増えるほどです。

ラグラスバニーテールは、
9月下旬〜10月下旬に種をまきますが、
ラグラスは移植を嫌うので、
花壇や鉢に直まきにするか、ポットにまいて育苗し、
春に根鉢を崩さずに株間は20cmぐらいで定植をします。

ラグラスバニーテールは、直まきの場合は、
寒地では防寒が必要です。

肥料は、ほとんど必要としませんが、
植え付けのときに元肥として、
緩効性化成肥料を控えめにあげましょう。

日当たりと水はけのよい場所を好みます。
水やりは、土の表面が乾いたら与えます。
 カテゴリ
 タグ