umenewi300.jpg


梅(ウメ)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。
地植え、鉢植え、盆栽仕立てなどがあり、
個々の管理方法があります。
また、花梅と実梅とは、適した品種が違ってきます。

梅は、寒さに強く栽培しやすいですが、
湿気に弱く日陰は徒長しやすく花芽が付きにくいです。

梅は、受精しにくい品種が多いので、
家庭栽培では花粉が多く結実しやすい品種を選ぶと良いです。
できれば、花粉の多い異品種が近くに、
もう1本植えてあると結実がとても良くなります。


の木の育て方

・植え付け時期
秋から梅雨ころまでに植え付けします。
開花期が早いので、秋植えのほうがより適しています。
寒い時期の植え付けは、根を広げるように植え付けます。

9月から11月、3月以降の暖かい季節、
葉があるときに植え付けをするときは、
根を崩さないように注意して植えてあげます。
梅の植えつけ後は、たっぷりの水をやります。

・植え付け場所
日当たりが良く、水はけの良い場所を好みますので、
庭の南・西側などを選んでください。

・植え付け用土
肥えて通気性が良く、少し乾燥気味の土を好みます。
地植えの場合は、堆肥を土に混ぜ混んで植えます。
鉢植えでは、培養土か果樹用の土で植えます。

・植え付け時の剪定
落葉果樹で1年生のものは、
生長と樹形を整えるために、
植え付けのとき、
主幹を地際から30〜40pの高さで切り戻します。

・仕立て方
1年目の冬に枝の間隔を約20cmになるよう、
3本の横枝を残し、小枝を切ります。
枝先は芽の上で切り戻しましょう。

2年目の冬に下の2本の主枝を、
横向きに引っ張って誘引し、
上の主枝は上方に伸ばすようにします。

3年目からは3本の主枝を中心に、
伸びたり混んだ脇枝を間引き剪定します。

・剪定方法
梅の剪定は、 関東以南では6月〜7月、
関東以北では7月ころ、
収穫が終わったら夏季の整枝を行います。

翌年の花芽が出る前に剪定を終えるようにします。
とくに内側に伸びている枝、混みあった部分の枝を、
もとから切り日当たりと風通しがよくなるようにします。
>>詳しい剪定方法(写真つき)はこちら

・肥料
肥料は、元肥として植えつけのときに、
有機質肥料や堆肥をすき込みます。
そして花が終わった直後と果実の収穫後に、
緩効性の化成肥料や有機質肥料を与えます。

10月ごろ株から30〜50センチ離れた場所に溝を掘り、
堆肥や有機質肥料を深めにすき込みます。


Japanese apricot (3).jpg
結実果が多い場合は、摘果しましょう


・摘果
梅は開花後、結実数が多すぎると、
果実が大きくおいしく成長しません。
そこで良い実だけ残して、ほかの果実を摘果します。

開花後4月くらいまでに自然に落果しますので、
その後4月下旬から5月上旬ごろ摘果をおこないます。

・病害虫
5月頃からアブラムシや黒星病に注意します。
発見したらすぐに消毒します。

■参考
・しだれ梅の育て方と剪定
・ウメ 剪定のコツ
・ウメ 咲かない理由は?
・ウメの木 実がなるまで
・ウメの木 実がならない理由は?
・ウメの木の消毒は?
・ウメ 挿し木の方法
 
>>梅の苗を各種見てみる
 カテゴリ
 タグ