habotan-ondo001.jpg
葉牡丹でメリークリスマス!


葉牡丹は、とても丈夫で育てやすい植物です。
冬の寒い間も姿をほとんど変えず、ボタンのような整った形を維持してくれます。

美しい葉牡丹ですが、実際に育てる時には、温度が重要となることがあります。
葉牡丹に適した温度とは、どれくらいなのでしょうか。


[葉牡丹 温度]


habotan-ondo006.jpg
葉牡丹の発芽温度は、20度〜25度です


■葉牡丹 温度

葉牡丹を育てる時に、温度に注目したいのが、発芽温度と生育温度、
それから発色の温度です。

丈夫で育てやすい葉牡丹だからこそ、確実に良い状態の苗を作るため、
温度にも注目して育てましょう。

・発芽温度
葉牡丹はアブラナ科の植物です。
アブラナ科の植物にも色々ありますが、野菜でいえばダイコンやハクサイ、
キャベツなどが代表的です。

種まきから発芽までの期間が比較的短く、発芽率も高いです。

葉牡丹も発芽率が高い植物ですが、播いた種の発芽を揃えるためには、
発芽温度に合った時期の種まきが必要になります。
葉牡丹の発芽温度は、20度〜25度とやや高めです。

ただ、葉牡丹は秋から発色を始めるため、播種の時期は意外と早いです。
種まきは7月〜8月に行われることが多く、この時期は25度以上になることも多いです。

温度が高すぎると、発芽がまったく揃わなかったり、発芽率が低下する原因にもなるので、
発芽までは風通しの良い、涼しい場所に置いた方が良いでしょう。


habotan-ondo010.jpg
発芽後の生育温度は、15度〜25度と言われます


・生育温度
発芽した後、双葉が開いて本葉が出てきて、少しずつ株が生長していきます。
発芽後の生育温度は、15度〜25度です。

発芽適温よりも適温がやや広いので、真夏を過ぎて朝夕が少し涼しくなってくると、
ぐんぐん生長していきます。

種まきの時期が遅いと、生育温度よりも気温が低くなるので、
全体が小づくりのまま発色することがあります。
大株に育てたい場合などは、種まきの時期を守りましょう。


habotan-ondo008.jpg
葉牡丹が発色するのは、15度を下回る時期です


・発色温度
葉牡丹は、花を咲かせる変わりに葉が色づき、鑑賞できるようになります。
近年は改良も進み、葉色も豊富になってきました。
美しい色を出すためには、肥料を切るタイミングも大事ですが、実は温度も重要です。

葉牡丹は、一定温度よりも寒くならないと、発色しません。
そのため、近年の温暖化の影響により、秋が深まってもなかなか色づかない、
ということがあるそうです。

葉牡丹が発色するのは、15度を下回った頃からです。
温暖化の影響で、なかなか色が出なくても、本格的な冬になれば発色するので、
問題ありません。

もし真冬になっても本来の色が出ないのであれば、
温度とはまた別の原因が考えられます。

■参考
・ハボタンのプランター栽培
・ハボタン(葉牡丹)の育て方|年末年始の購入株を毎年楽しもう♪
・ハボタンを簡単に増やす方法は?
・踊り葉牡丹の育て方は?
・ミニハボタンの育て方
・ハボタン 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・クリスマス 寄せ植えのコツ
・ハボタンの害虫対策
・ハボタンの種類
[葉牡丹] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ