tulip.jpg

tulip2.jpg
秋に植えた球根たちが嬉しそうに咲いています


4月に入ると気温も上がり、いよいよガーデニングの季節です。
庭でも道端でも花がたくさん咲くので、1年で一番華やかな時期に入ります。

暖かい日が続くからといって、花を楽しむばかりではいけませんね。
植物がエネルギッシュで生長しやすい4月だからこそ、
やっておきたいガーデニング作業はたくさんあります。


[4月のガーデニング]


natuyasai.jpg
今年も、スイカ、トマト、ナス、長トウガラシを育てます


*スイカ、トマトの分かりやすい育て方は下記をご覧ください。
>>スイカの育て方.com 
>>トマトの育て方.com 


■春苗の植え付け

4月にもなると、お店にはたくさんの花苗や野菜苗が並びます。
庭や菜園に植え付ける前に、苗が生長しやすくします。
まずは植え付け場所の整理と土作りを終えておきましょう。 


土の状態が悪いまま新しい苗を植え付けると、
苗が良好な状態であったとしても、その後の生育に支障が出ます。

また、4月はガーデニング作業には暖かい時期ではありますが、
地域によっては寒の戻りがあり、遅霜が降りることがあります。

春以降に植え付ける苗は、寒さに弱いことが多いので、
遅霜に注意しなければいけません。

植え付け時期をもう少し遅らせることのできる植物の場合は、
ゴールデンウィーク頃まで待つのも、苗を傷めない方法の1つです。

どうしても今月中に植え付けを済ませたい場合は、
植え付け後の簡単な防寒をしておきましょう。

株元にマルチを敷いたり、不織布や防虫ネットなどを使って、
トンネルなどを作っておくと、簡単な霜よけになります。


Muscari.jpg
ムスカリも紫、ピンク、白があり楽しめます


■秋植え球根の管理

秋に植え付けを行った球根植物の、
チューリップやムスカリ、スイセンなどは、次々と花を咲かせる時期です。

花が咲いた球根は、早めに切って切り花として楽しむのも良いでしょう。
できるだけ庭に長く置いておきたい場合も、花びらが散り始めたら、
花ガラを摘んでいくようにします。


花ガラを放っておくと、余計な体力を使い、球根が消耗してしまいます。
今年限りで球根を終えるなら、花ガラをそのままにしておいても良いですが、
来年も花を楽しむのであれば、花ガラを摘んでおいた方が安心です。

また、秋に植えておいたユリも、そろそろ地上に芽が出てくる頃です。
芽が出ているのを見つけたら、追肥を行いましょう。
芽が出た時に追肥すると、生育が良くなり、大きな花が咲くようになります。


Casablanca2016-01.jpg
カサブランカ、開花までもうすぐです
>>ユリ.net


■室内越冬の植物

室内で越冬させている寒さに弱い植物も、
日中なら戸外に出せるようになってきます。

ハイビスカスなどの熱帯性の植物は、
日中に日当たりの良い戸外に出すことで、
日照不足を解消し、新鮮な空気に触れてリフレッシュします。

ただし、夜はまだ寒いことがあるので、
夕方になったら取り込んでおくようにしましょう。

植物の種類によって、耐えられる最低気温が異なります。
夜間の温度にも耐えられるようになったら、
戸外の軒下などで管理するようにしましょう。

シクラメンの場合は、3月下旬頃から徐々に戸外に出す準備をします。
4月には、日当たりの良い戸外に置くことで、塊茎を肥らせます。 


軒下に置いておくことで、霜を避けることができるので、
基本的には戸外に置いたまま管理します。

ただ、夜間に季節はずれの冷え込みがきそうな日は、
室内に取り込んでおいた方が安心です。


gardenCyclamen.JPG
ガーデンシクラメンは、まだ花芽を上げています


■種まき

4月も3月に引き続き、たくさんの植物の種まきが可能な時期です。
晴れた日の日中は、少し日差しが強すぎることもあります。

土が乾燥しやすい時期でもあるので、
種まき〜発芽までは、あまり用土が乾かないように注意しましょう。


・花
コスモス、サルビア、センニチコウ、ジニア、ヒマワリ、
メランポジューム、ケイトウ、アスターなど


tomato.JPG
トマト、フルティカは収穫量が多く、美味しいです


nanairoset.JPG
菜々彩セット 高木農園の種をよく使います、いろいろ採れるのでたのしいですよ!
小松菜・千筋京水菜・大東京べかな・セリフォン・京都赤大葉高菜・ロケットの種が入っています


・野菜
トマト、ナス、キュウリ、スイカ、メロン、ヘチマ、カボチャ、
トウモロコシ、エダマメ、インゲンなど

・ハーブ
バジル、イタリアンパセリ、レモンバーム、ディル、ナスタチウム、
マロウ、セージ、マジョラム、マリーゴールドなど
菜々彩セット

■植え付け

花苗、野菜苗、球根と、植え付けられるものが増えてきます。
同じ時期に販売されている苗でも、種類によって耐寒性が異なります。

中には4月に植え付けるのは早い植物もあるので、
定植後は防寒をしておくようにしましょう。 


・花
アスチルベ、アリッサム、ガザニア、キンギョソウ、ゼラニウム、
バーベナ、ペチュニア、ロベリアなど

・野菜
トマト、キュウリ、カボチャ、ショウガ、インゲン、ズッキーニなど

・ハーブ
バジル、チャイブ、ミント、ラベンダー、セージ、
オレガノ、マリーゴールドなど

・球根 
アマリリス、ベゴニア、カラー、カンナ、グラジオラス、
ダリア、タマスダレなど


anzu2.JPG
アンズは植え替えしたのに着果しています


■剪定

4月は株姿を整えたり、花後の軽い切り戻しするような、
弱剪定のものが増える時期です。

また、枝の更新ができる庭木も多くなるので、
古い枝を新しい枝に更新するチャンスです。

・弱剪定
アオキ、オリーブ、キンモクセイ、ギンヨウアカシア、
サザンカ、ミツマタなど

・強剪定
イヌツゲ、オオデマリ(更新)、カナメモチ、コニファー、
ツツジ、ヤブデマリ(更新)、ユキヤナギ(更新)など


■その他の作業

・防寒具の撤去
冬の間、防寒具をつけていた植物は、早めに取り外しておきましょう。
防寒具の中が高温になり、出ていた芽が傷みます。

また、防寒具内の温度が高くなることで、芽が育ちすぎてしまい、
いざ取り外した時に寒風に当たり、傷むこともあります。

・常緑樹の植え付け
4月上旬までなら、常緑樹の植え付けが可能です。
早めに植え付けると、根付きが早くなり、その後の生育が良くなります。


habotan.JPG
寄せ植えの害虫防除もしてあげましょう、ハボタンは踊りに仕立てようと思います


・害虫の防除
気温が上がってくると、病害虫の発生が多くなります。
多くの害虫の幼虫が孵化する時期でもあります。

見回りをしている時、糞をみつけたら、
必ず周りをチェックして、幼虫がいないかを確認します。

もし幼虫を見つけたら、捕殺しましょう。
チャドクガなど、毛に毒を持っているものの場合は、
できれば卵の状態で駆除したいものです。


葉が茂ってくる前に、できるだけ隅々まで調べ、
卵がないかを確認しておきましょう。

もし毛に毒を持っている幼虫を見つけたら、
素手では絶対に触らないようにして捕殺するか、薬剤を使って駆除します。