ume04.jpg
ウメはサクラと並ぶ、日本を代表する花です


紅白のウメが並ぶと、とてもおめでたい雰囲気になるので、
お正月の飾りとして観賞する方も多いでしょう。

古くから愛されているウメには、
どのような花言葉がついているのでしょうか。 



[ウメ 花言葉]


■ウメの花言葉

ウメには「高潔」「忠実」「忍耐」といった花言葉がつけられています。
ウメの開花期は、一般的なサクラよりも早く、まだ寒い時期であることが多いです。

寒さに耐えながら、ゆっくりと蕾が膨らんでいく様子は、いじらしくもあります。

ウメは日本の木というイメージが強いですが、海外でも育てられています。
そのため、日本語だけでなく、英語での花言葉もつけられています。

英語では「約束を守る」「美と長寿」という言葉がつけられています。
日本語でも英語でも、ウメにはマイナスなイメージがないのですね。


■色別の花言葉

ウメといえば、白と赤のイメージがありますが、実はピンク色のウメもあります。
花も一重が主流ですが、八重咲きのものもあり、品種も豊富です。
そんなウメは、花色ごとに花言葉がつけられています。


ume02.jpg
・白……気品、厳かな美、薫り
ウメの花の中でも、白花はとても美しく、気品という花言葉がぴったりです。
また、ウメは香りもとても良いため、薫りという言葉もついているのでしょう。

清楚で神々しささえ感じられそうな美しさも、「厳かな美」という言葉に合っています。


ume05.jpg
・赤……忠誠、優雅
ウメといえば、菅原道真の話を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
道真は子どもの頃から頭がよく、素晴らしい歌をたくさん詠んでいます。

その中には、大切にしていたウメの歌もいくつか詠まれています。
菅原道真の話の中でも有名な、大宰府まで飛んで行ったとされるウメは、
道真が大切にしていた紅梅です。

道真を思って大宰府まで飛んで行った紅梅の話から、
忠誠」という言葉がつけられたのでしょう。


ume01.jpg
・ピンク……清らかさ
ウメといえば、白か赤の花色が多いですが、
ピンク色の花を咲かせる品種も多くあります。

白や赤といったハッキリとした色ではあありませんが、
ベビーピンクがとても可愛らしく、「清らかさ」という言葉がぴったりです。

■参考
・梅の木の育て方
・しだれ梅の育て方と剪定
・ウメ 咲かない理由は?
・ウメの木 実がなるまで
・ウメの木 実がならない理由は?
・ウメの木の消毒は?
・ウメ 挿し木の方法
・ウメの木の手入れ
・ウメの育て方 1月
 カテゴリ
 タグ