Coral type.jpg
コーラル系ハイビスカス


2月に入っても、寒く冷え込む日が続きます。
ハイビスカスは暖かい気候を好むので、
冷気に当たって枯れないよう、細心の注意をはらいます。

この寒さを乗り切れば、冬越し成功まであと少しです。
2月のハイビスカスの具体的な育て方をご紹介します。 


[ハイビスカスの育て方 2月]


■ハイビスカスの状態

引き続き室内で冬越ししているので、ほとんど生育が止まった状態です。
室温が高い環境では、枝を伸ばし続けていたり開花するものもあります。

生育が止まっていても、葉を多く落としていなければ、特に問題はありません。
葉を多く落としている株は、気をつけてくださいね。

ハイビスカスが葉を落とす理由の中で、
冬に置きやすいのが、寒さに当たったことによる自己防衛と、根傷みです。

葉を落とすだけなら、まだ良いのですが、
根を著しく傷めると、再生できなくなることがあるので注意します。


Hibiscus02.jpg
従来からのオールドタイプは、寒さにも強いです(10度以上あれば元気)


■鉢植え

・置き場所
日中は、日当たりの良い窓辺に置きましょう。
夜間は冷え込むことが多いので、厚手のカーテンをひいたり、
部屋の中央に、鉢を移動させるようにします。

窓際は意外と冷えるので、カーテンだけでは心配という場合は、
毎日部屋の中央に移動させた方が無難です。

特にコーラル系は寒さに弱いので、日中も暖房の効いた部屋に置くのが理想です。


Hibiscus03.jpg
白に薄いピンク、きれいなハイビスカスです(ちょっと萎れています……)


・水やり
土の表面が乾くまで待ってから、水を与えます。
葉が多く落ちているような株は、乾燥気味に管理するようにします。

調子の良し悪しの具合がはっきりと分からない場合は、
少し乾かし気味に管理するのがポイントです。

枝の伸長のある株や、開花している株は、根もよく動き土が意外と乾きます。
けれど、生育の止まっている株は、元気な状態でも、ほとんど水を欲しがりません。

根を傷めないよう、やや乾かし気味に管理すると過湿の心配がありません。

在来系と大輪系は、土が乾いたら鉢底から水が出てくるまで与えますが、
コーラル系だけは、底から水が染み出てこない程度に少量を与えるのがコツです。

・追肥
生育が止まっている株は、どれも追肥する必要はありません。
開花している株は、7日〜10日に1回、液体肥料を与えましょう。

肥料はリン酸が多めのものを与えるようにするのがお勧めです。
コーラル系のみ、液体肥料を1.5倍に薄めて与えるようにします。


■地植えのハイビスカス

通常、鉢植えの状態で、室内にて冬越し中です。


Hibiscus01.jpg
京都植物園のハイビスカス


■病害虫

室内はどうしても空気がこもり、風通しが悪くなりがちです。
それに加えて、暖房器具の影響などで乾燥しやすいため、
ハダニやコナジラミといった害虫が発生することがあります。

ハダニやコナジラミは、一度発生すると、
完全な駆除が難しくなるため、できれば発生させたくない害虫です。
大量に発生すると、葉が黄変して落ち株の調子が悪くなっていきます。

ハダニやコナジラミを予防するためには、
まず乾燥予防として葉水を時々与えてあげることです。 


加えて、日中の暖かい時間帯に、部屋の換気を行いましょう。
外は晴れていても、風は冷たい時期です。

外気が直接当たる場所にハイビスカスを置いていると、
冷気で株が傷むので、直接当たらない場所に置くのがポイントです。


■その他の作業

・弱った株の水やり
ハイビスカスは本来、常緑の植物なので、生育しているかどうかに関わらず、
葉を落としている株は調子を崩していると考えて間違いありません。

調子の悪くなった株は、水を吸い上げる力が弱くなっています。
その分、1回の水やりで湿っている時間が長くなります。

土が湿っていると、冷気に当たることで冷えやすくなり、根を傷める原因となります。
また、いつまでも湿った状態が続いていると、過湿となって根が傷みます。

調子の悪い株の場合は、鉢土の表面が乾いても、すぐに水を与えず、
数日待ってから与えるようにします。

弱った株に、水を与える時も、全体を湿らせる程度が良いでしょう。
乾湿の差を出すことで、根が本来の元気さを取り戻します。


・剪定
冬の間、室温がやや高い場所で管理していると、枝が伸び続けることがあります。

室内は戸外に比べると、どうしても日当たりが悪くなりがちなので、
枝が伸びている株は、徒長してしまうことがあります。

徒長した枝をそのままにしておくと、春以降の花付きが悪くなるので、
この2月くらいのタイミングで剪定を行います。

伸びて徒長してしまった枝の、三分の一〜半分ほどを切り戻しましょう。
剪定をすることで、春以降に伸びる枝数が増え、徒長を防いで花数が増やせます。

この徒長枝の剪定は、2月〜3月が適期なので、
寒い間の剪定が不安という方は、3月まで待ってから剪定しても構いません。

■ハイビスカスの育て方 2月のポイント
1.日中は日当たりの良い場所で日光浴させ、夜は冷えに当てないように注意します。
2.水やりは土の状態をチェックしてから与えるようにし、乾かし気味に管理します。
3.徒長枝を剪定しておくと、春以降の花数に期待できます。 



■参考
・ハイビスカス 咲かない理由と対策
・ハイビスカス 植え替え
・ハイビスカスの冬越し
・ハイビスカスの品種と育て方
・ハイビスカス ベランダの冬越し
・ハイビスカス 室内の冬越し
・ハイビスカスの肥料
・ハイビスカス育て方 12ヶ月
・ハイビスカス 花芽が落ちる
・ハイビスカスの病気
・ハイビスカス 鉢植えの育て方
・ハイビスカス 枯れる
・ハイビスカス 温度
・ハイビスカス 水やり
・ハイビスカス 沖縄の育て方