Pansy.JPG
パンジー、ビオラ、1月の寒さを耐えると次々と咲いてくれます


1月は厳寒期で一番寒い時期となりガーデニング作業も限られてきます。
気温の低い日が続き、地域によっては雪が積もることもありますね。

気温の低いこの時期は、庭でも花を咲かせる植物は少なく、寂しいです。
けれど、雪や霜が草花と一緒に見ることができるのも、この時期の特権です。

また、植物の動きが少ない分、他のことに時間をかけることもできます。
今できることを考え、今年1年のガーデニングをスタートしましょう。



[1月のガーデニング]


■ガーデニング計画

冬は水やりや追肥、花の手入れなどの作業が少なくなるため、
じっくりとガーデニング計画をたてる絶好のタイミングです。

草花が少なく、落葉樹は葉も落ちて枝だけになっているので、
普段は見過ごしていることが見えてくることがあります。

作業が少ない時期はとても短く、2月になれば種まきができるので、
この隙に庭の状態を再確認し、春以降の栽培計画を立てます。

種苗メーカーのカタログを見て、育ててみたい植物をピックアップしたり、
庭に改造したい部分がないかを考えます。

春がやってくると花盛りになり、なかなか花壇の移動や改造は難しいです。
どこをいつ改造し、その後に植え付ける植物はどうするかなどを考えましょう。

大がかりなリフォームがない場合は、庭をエリアごとに分け、
色別などざっくりと決めておくのも良いでしょう。 



jagaimo.JPG
秋作のジャガイモを収穫しました、美味しい〜♪


■寒おこし

冬にしかできない作業の中に、寒おこしがあります。
寒おこしは、土をシャベルなどで掘り返して放置し、
土中にいる害虫や病原菌を死滅させる作業です。

寒おこしを行うことで、春以降に植える植物が病気にかかる確率が下がります。
作業自体は簡単なので、ぜひ試してみてください。

1. 冬の間休ませるスペースの土を、シャベルなどを20cm〜30cmの深さに差し込み、
そのまま掘り上げます。
2. 掘り上げた土はほぐさず、塊のまま放置しておきます。
3. 放置している間に、塊がくずれてくるので、ほとんどくずれたら寒おこしは終了です。


土を掘り起こす時は、できるだけ塊の状態になるように起こします。
冬の間、土が凍ったり溶けたりを繰り返すことで、害虫や菌は死滅していきます。

また、土がぼろぼろとくずれていく過程で、自然と団粒構造ができあがります。
団粒構造のできている土は、水はけがよく通気性も高いので、
植物が根を張るのに適しています。


■剪定

落葉樹は冬の間、葉がない状態なので枝ぶりをよく見ることができます。
剪定後、春以降にどのように伸びるかを考えながら切りましょう。

強い刈り込みなどの強剪定が可能な庭木と、不要な枝を間引いたり、
軽い切り戻しをする弱剪定ができる庭木とに分かれるので、
育てている庭木がどちらにあたるのかを確認しておきましょう。

・強剪定が可能
アベリア、ウメ(花芽に注意)、カエデ類、カキ、サルスベリ、バラ、フジなど

・弱剪定が可能
アジサイ、カツラ、ケヤキ、コデマリ、コムラサキシキブ、サンショウ、シダレザクラ、バイカウツギ、ハナミズキ、ヤマボウシなど


sansyo.jpg
アジサイは、弱剪定できます


■水やり

冬の間の水やりは、春〜秋とは異なります。
夜間に冷え込むことで、湿った土が凍ったり、霜が降りたりします。

凍ることで、植えている植物の根などが傷むことがあるので、
できるだけ夜間は余分な湿り気がないようにしておきます。

また、気温が低いと土が乾きにくいですし、植物自体もあまり生育していないため、
吸い上げる水の量が減り、土が乾きにくいことがあります。

夏場などは毎日あげていたものも、冬は毎日の水やりが不要な場合が多いです。
水を与える時は、必ず土が乾いているかを確認してから与えるようにします。



suisen.jpg
スイセンが咲き始める地域も


■その他の作業

・種まき、植え付け、株分け等
厳寒期は種まき、植え付け、株分けなどの作業ができる植物が、ほとんどありません。
作業が可能になる前までに、土を豊にしておきましょう。

・草花の手入れ
秋に植え付けた苗や球根の手入れをしておきましょう。
ビオラやパンジー、プリムラなど、冬の間も花を咲かせ続ける植物は、
花が終わったら花柄を摘んでおきます。

秋や春ほど花付きが良くはありませんが、体力を維持させておくためにも、
冬場の花ガラ摘みは重要です。

球根も、地上に芽が出ていない場合でも、土の中では根を伸ばし始めています。
土が極端に乾燥すると、根が傷んで春以降の生育が悪くなったり、
芽も出ずに終わることがあるので注意しましょう。