habotan (2).jpg
ハボタンは日本の秋から春の花壇には欠かせない植物です


ハボタンは品種改良も進んでいて、新品種が次々と登場しています。

特にお正月の飾りとして、切り花も人気がありますし、
お客様を迎える寄せ植えや花壇に使っても素敵です。

そんなハボタンは、グリーンスムージーなどに使われる、
ケール」という野菜を改良してできたものです。

つまり、もともとは食用の植物だったわけです。
現在の日本では、園芸に使う苗として扱われていますが、
食べることはできるのでしょうか。 



[ハボタン 食べる?]


habota9.jpg
切れ込みが美しいハボタン


■ハボタンとは?

ハボタンはもともと日本に自生していたものではなく、
江戸時代にヨーロッパから渡ってきた植物です。

それが明治頃に人気が出始め、栽培が盛んとなりました。
東京方面で改良されたものは、江戸ハボタンや東京ハボタンと呼ばれます。

江戸ハボタンはキレイな丸葉で、縁には切れ込みがまったく入らず、
見た目がキャベツにとても似ているのが特徴です。

それとは別に、名古屋で品種改良が進んでいた品種群もあります。
こちらはちりめん葉のケールを交配していたため、
ハボタンの葉も縁が細かく波打ち、フリルのようなのが特徴です。


Kale.jpg
ケールは、青汁などに用いられる健康野菜です


名古屋方面で栽培・改良されていた品種のため、
名古屋ハボタン、あるいは名古屋ちりめん系と呼ばれています。

さらに、第二次世界大戦後、東京系の丸葉ハボタンと、
名古屋系のちりめんハボタンの交雑種が栽培され、
大阪ハボタンと呼ばれるようになりました。

大阪ハボタンは、東京系の丸葉の形を残しながら、
名古屋系のちりめん要素として、葉の縁がほんの少しだけ波打っているのが特徴です。

葉は触ってみるととても硬いため、冬の寒さにも負けません。
草姿が牡丹の花のように豪華で、色変わりも美しく冬の庭に映えますね。

けれど見た目がキャベツやリーフレタスに似ているためか、
「これはもしかして食べられるのでは?」と感じる人が多いようです。


Petite veil.jpg
プチヴェールは、ケールとメキャベツの交配野菜です


■ハボタンの食味

では、実際にハボタンは食べられるのでしょうか。
答えは、「食べられなくはない」です。

ヨーロッパやアメリカなどでは、現在も野菜として扱われることが多く、
食用のハボタンというもの栽培されているようです。


日本では食用のハボタンを見かけることはありませんが、
以前は種が販売されていたようです。

現在ではインターネットで調べても販売店が見つからないので、
日本での入手は難しいかもしれません。

園芸種として育てられている品種であっても、食べられないことはありません。
ハボタン自体に毒性は認められず、食べても毒になることはありません。

ただ、現在日本で流通しているハボタンは、
観賞用として品種改良が進んできたものばかりです。

食べることは想定されていないため、食感や味は改良されていません。
ハボタンは見るからに硬いですし、おそらく火を入れても繊維質が強く、
葉は硬いままでしょう。

味に関しても、苦みが強そうです。
それでも食べたいのであれば、試してみることはできますが、
ここで注意すべきことがあります。
それが、農薬の存在です。

日本で流通しているハボタンは、観賞用としてしか栽培されていません。
人間の口に入ることは考えられていないため、
食用の植物には使わない薬剤を、栽培中に使用しているケースが多いです。

ハボタンの苗を購入してしばらく経った後でも、
薬剤が残留している可能性が残るため、食べない方が安全です。


habotan (9).jpg
無農薬の種を入手して育てると安心です


どうしてもハボタンを食べてみたい方は、
海外から種などを購入するのが一番早い方法です。

日本で売られているハボタンの種も、
食用には適さない消毒がされている可能性があります。

どうしても日本のハボタンを育てて食べたいのであれば、
種からハボタンを育てて花を咲かせて種をとります。


自家採種した種は、自分で消毒しない限りは無農薬の状態となるため、
この種を使って栽培したハボタンは、食べてみることができるはずです。

■参考
・ハボタン 寄せ植えのコツ
・ハボタンのプランター栽培
・ハボタン(葉牡丹)の育て方|年末年始の購入株を毎年楽しもう♪
・ハボタンを簡単に増やす方法は?
・踊り葉牡丹の育て方は?
・ミニハボタンの育て方
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・クリスマス 寄せ植えのコツ
・チューリップ 寄せ植え
[葉牡丹] ブログ村キーワード
・ハボタン 室内での育て方
・ハボタン 冬の育て方
 カテゴリ
 タグ