■ハクサイ 結球して収穫!

こんにちは、Senaです!
ハクサイの栽培記録、前回が9月の頭でしたね。
>>ハクサイ栽培 虫食い

9月は雨が多く、畑に行かれずにいました。
前回は青虫やアブラムシの被害があったということで、
その後から薬剤を散布したのですが、

台風の影響もあり長雨が続き、
薬剤散布の意味が無くなってしまいました。

9月25日、完全に天気が回復した頃に観察を行いました。


hakusai2016-20.jpg
ハクサイ 9月25日


虫くいも少なくなりました。少しは薬剤の効果があったかもしれません。
中心部の葉が巻いてきたのが分かりますか?

いくつかのハクサイは、一番手前のハクサイのように巻いていました。
よく写真を見てみると、手前から二番目のハクサイの様子が……。


hakusai2016-21.jpg
ハクサイ 手前から二番目


なぜか広がってしまっています!
このハクサイだけだったんですよね。広がっているのは。
原因が分からなかったのでそのままにしました。

と、深刻に考えずに10月に入り、10月11日に観察を行いました。


hakusai2016-22.jpg
ハクサイ 10月11日


周りの葉が完全に枯れています。
結球している部分には被害はないので、本当に周りだけです。
これも原因が分からず。

害虫だとは思うのですが、コレといった証拠も無かったです。
とりあえず、被害が拡大する前に周りの葉だけは取り除きました。
とても寂しい姿になりました。

そして10月15日にまた観察しました。


hakusai2016-23.jpg
ハクサイ 10月15日


とっても寂しい姿になったハクサイ……。
今思うと、葉を残しておいたほうがマシだったのでは。

もうこの辺で限界だろうと思ったので収穫しました。
収穫したのは数個で、アブラムシの被害が大きいものがありました。

びっしり虫がついているので注意です。


hakusai2016-24.jpg
ハクサイ アブラムシ


このハクサイ、以前結球しなかった手前から2番目のハクサイです。
びっしりと、思わず声が出るくらいびっくりしました。

ハクサイは大体虫の被害に合うのですが、ここまで酷いのは初めてです。

もしかしたら、葉が巻かず、広がっている時点から、
アブラムシの被害が拡大しはじめていたのでは?

調べてみたところ、害虫に生長点を食べられてしまったり
肥料不足、日光不足で結球しなくなってしまうそうです。 


周りの葉が枯れたのもアブラムシのせいかも?
というところで落ち着きました。

もう少し早く気付けばよかった!
今年はアブラムシの被害がすごかったです。

いくつかは収穫できたので良しとすることにします!
来年からはしっかりと対策します。

*栽培記録と記事は、Senaさん担当です。

■参考
・ハクサイ(白菜)の育て方 地植え
・ハクサイのプランター栽培|品種を選んで追肥で大きく!
・軟腐病の予防対策|キャベツやハクサイの茎葉が溶ける
・秋まき野菜 秋植え野菜の栽培
・ハクサイの植え付け時期は?
・ハクサイ 大きく育てるには?
・ミニハクサイ 特徴と品種
◎大量のジャガイモを保存する方法
◎大量のダイコン、収穫したダイコンを保存する方法
 カテゴリ
 タグ