tepoyuri061303.JPG
テッポウユリが見事です、カサブランカももうすぐ開花


7月に入ると、梅雨が明ける時期になり本格的な夏が始まります。
梅雨が明けた後は、急激に気温も上がることがあるので、
植物も人も急な変化についていきずらくなります。

水やりや追肥、誘引や収穫などの作業は、午前中の涼しい時間帯に行う方が、
効率も上がり植物にも優しいのでお勧めです。 



[7月のガーデニング]


■暑さと日差しに注意して

梅雨といえば6月のイメージがありますが、
7月も半分くらいは梅雨のままの地域が多いです。

梅雨の間は、曇りや雨の日が多いため、
7月といえども日差しや気温はまだ和らいでいます。

ところが、梅雨が明けた途端に、
気温も急激に高くなり、日差しも真夏と変わらないものになります。


梅雨明けまで、少し涼しくて日差しの弱い日々を過ごしていた植物たちは、
いきなりの強光線と高温に驚き、調子を崩すことがあります。

気温の上昇と湿気の低下により、土は乾燥しやすくなります。
特に鉢植えで育てている植物や、高温を好む植物の急成長によって、
土がカラカラに乾いてしまうことも少なくありません。

梅雨の間は、雨が続くため、水やりの頻度もあまり多くありませんが、梅雨明けからは、
水やりに注意が必要です。

毎朝、土の状態をチェックし、乾いていればたっぷりと与えるようにします。
気温の高い日中に水を与えると、土の中が煮えてしまって、
植物の根を傷めることがあるので、涼しい時間帯に水やりをしましょう。

強い日差しが苦手な植物は、半日陰の場所などに移動するか、
遮光ネットなどを設置して日差しを和らげてあげるのがお勧めです。



tomato.jpg
トマトが鈴なり


■剪定

アジサイのように、夏に花芽を作る植物は、7月頃までに剪定を終えます。
これより遅くに剪定をすると、せっかくできた花芽を切ることになるため、
できるだけ適期に剪定を済ませます。

また、枝を間引くことで風通しを良くし、病害虫を予防する意味もあります。

・強剪定(強い切り戻し、刈り込み)
イチイ、イヌツゲ、ゲッケイジュ、サツキなど

・弱剪定(軽い切り戻し、間引き剪定)
アジサイ、ウメ、カツラ、カンツバキ、キンモクセイ、クチナシ、コムラサキ、サザンカ、バイカウツギ、ハナミズキ、フジ、モチノキなど


cosmos.jpg
コスモスをまいておくと楽しみです


■種まき

秋に開花を迎える花や、発芽に高温が必要な植物の種まきができます。

・花の種
コスモス、ジニア、ハボタン、ケイトウなど

・野菜の種
キュウリ、コマツナ、ニンジン、キャベツ、ブロッコリーなど

・ハーブの種
ラベンダー、ルッコラ、ナスタチウム、バジルなど

・球根
ヒガンバナなど


suika2016002.JPG
スイカの空中栽培も、もうすぐ収穫!


■苗の定植

長い間咲いていた、ビオラやパンジーなども、枯れこんでくる頃です。
5月頃にまだ咲いていて整理するのがしのびなかった春の花も、
梅雨の間に枯れるものが多いので、この時期に整理しておきましょう。

雨の間をぬって、梅雨がまだ明けないうちに整理を済ませ、
新しい苗を植え付けるのがお勧めです。

梅雨が明けないうちであれば、まだ少し涼しいですし、
湿気も高いので根付くまでに水切れを起こすことが減ります。

・花の苗
インパチェンス、コリウス、ジニア、ペチュニア、コスモスなど

・野菜の苗
ホームタマネギ、ワケギ、キュウリなど

・ハーブの苗
バジル、レモングラスなど


asagao-koisigure.jpg
アサガオ、恋しぐれ


■その他の作業

・球根の掘り上げ
6月の梅雨入り前に、春咲きの球根の掘り上げが間に合わなかった場合は、
7月でもまだ間に合います。


球根は濡れていると菌を含んだ土が付着しやすかったり、
なかなか乾かずにカビが生えたりすることがあるので、
できるだけ土が乾燥している時に行います。

表面を乾燥させたら、風通しの良い雨の当たらない日陰で、
ネットなどに入れて保存しておきます。

・雑草とり
梅雨の間、雨をたっぷり含んだ土の中では、雑草がじわじわと育っています。
それが梅雨明けで晴れの日が続くと、あっという間に地上部分にはびこります。

あまり大きくなりすぎると、根が張って引き抜けなくなるので、
あるていど小さいうちに抜いておきましょう。

根を残すと、そこからまた新しい芽を出すことがあるので、
できるだけ根から取り除きます。

>>西日に強い花