ume30.jpg
ウメは地植えや鉢植えだけでなく、盆栽としても人気の高い木です


ウメは乾燥にある程度耐えられる性質があり切った枝も再生しやすく、
盆栽としての寿命が長くて風情があります。

初心者の方だけでなく、上級者の方まで広く愛好家がいます。
盆栽は難しいように思えますが、1つずつ管理すれば難しいことはありません。


■ウメ 盆栽の育て方

・栽培環境
ウメは基本的に、風通しがよくて日当たりも良い場所を好みます。
春〜秋の間は、できるだけ日当たりの良い場所に置くようにし、
たっぷりと光を浴びせて株を充実させます。

冬の間は、鉢土が凍ってしまわないよう、軒下などに置いておくようにしましょう。

お正月飾りなどで室内に取り入れていたものは、花の鑑賞が終わったら、
できるだけ早く外に出してしまうようにします。

外より暖かい室内に置いていると、新芽が早くに出てしまい、
その後の生育に大きく影響します。

ただし、花の鑑賞が終わった後に戸外に出す時も、
必ず土が凍らない場所に置くようにしましょう。

・水やり
土の表面が乾いたら、鉢の底から水が出るほどたっぷりと与えます。
盆栽は土の量がとても少ないため、冬季でも乾きやすいことがあります。

寒いから乾かないだろうと、長い間放っておくと、
水切れを起こして枯れてしまうこともあるので、注意が必要です。

また、どの季節であっても、水やりはできるだけ午前中に済ませます。
午前中に水を与えることで、夏場は日中の蒸れを防ぐことができますし、
冬は夜間の冷え込みで土が凍ってしまうのを防ぐことができます。

・肥料
肥料については、人によって解釈が違うため、
資料によって色々な説が書かれています。

多肥にして枝が伸び過ぎる、肥料焼けを起こす、
というトラブルを考えると、控えめにしておいた方が無難かもしれません。

ウメの場合、肥料を必要とするのは、
新芽が伸びて葉が展開し、枝が伸びた頃と、休眠前です。

早春の花後、新葉を展開して枝を伸ばすのは、ウメにとってとても疲れます。
その疲れた頃に肥料を与えることで、疲労回復を狙います。

その後、秋頃にもう一度肥料を与えることで、
今度は早春に花を咲かせて、新葉を出す体力を蓄えさせることができます。

秋の追肥が不十分だと、蕾が落ちたり、開花しても先端では咲かなかったり、
花が小さかったりということが起こります。

1回目の追肥
は、5月中旬〜6月です。
2回目の追肥は、暑さが過ぎた9月下旬〜10月下旬です。

花が咲いた後から追肥をした方がよさそうに思えますが、
多くの品種が5月下旬〜6月頃に花芽を形成します。

花後に肥料が効きすぎていると、枝の伸長にばかり養分を使ってしまい、
花芽の形成が不十分となってしまいます。

最初のうちは加減が難しいので、花後すぐに追肥をするのは控えましょう。
7月〜9月の間は、梅雨や夏の暑さなどで、
逆に肥料分を受け付けなくなることがあります。
与える肥料は、有機質のものがお勧めです。


ume31.jpg
盆栽:紅白梅 C)遊恵盆栽 楽天市場店


・剪定
盆栽で育てているウメにとって、剪定はとても大切な作業です。
枝の数を増やすことで、花数を増やしますが、枝が混み合いすぎてもいけません。

枝数の具合は個人の好みによるところも大きいため、
何本がいいという決まりはありませんが、
混み過ぎてしまうと、病害虫の発生が心配されます。

一番大きな剪定は、花が終わった後です。
花が終わったら、まず花ガラを摘みます。

花ガラを摘むことで、木を清潔に保つだけでなく、
枝のどの部分に芽が出ているかを確認することができます。

葉芽は、花芽と一緒に出るとは限りません。
花ガラを摘んだ時、花の痕に葉芽がある場合もありますが、ない場合もあります。

花とは全く関係のない部分から葉芽が出ていることもあるため、
花ガラがついたままだと確認が難しくなるのです。

葉芽が確認できたら、枝元から1芽〜3芽を残して切り詰めます。
切るところの芽は、できるだけ外側を向いているものを選びます。

外側の芽を残すことで、枝が内側に伸びず、
枝が混み合ってしまうのを防ぐことができます。

花後の剪定が終わった後、新梢が伸び始めます。

この新梢の中で、勢いが強すぎるものは、5枚くらい葉が出たところで、
先端を指でつぶしておきます。
こうすることで、それ以上は伸びなくなります。


ume32.jpg
近くで、蕾や花とその香りを楽しめます


・植え替え
ウメの場合、1年〜2年おきに植え替えが必要となります。
小さく仕立てている場合は、鉢も小さく、中が根でいっぱいになるので、
毎年植え替えるようにした方が良いでしょう。

ウメの新芽が動き始めるまでに植え替えるようにするため、
2月中旬〜3月には植え替えるようにします。

植え替える時、木を押さえたりしている針金の取り扱いに注意します。
乱雑に扱うと、ウメだけでなく自分もケガをする恐れがあります。

根を整理する時、まだ若い木の場合は、
太い根や長く伸びている根があれば、切っておくようにします。

盆栽は、一般的な鉢植えとは感覚が違います。
一般的な鉢植えであれば、残した方が良い根でも、不要な場合があります。

太い根や長く伸びている根を半端に残してしまうと、
株の一部分だけ強い枝が伸びたり、時期はずれに枝が伸びて良くないのです。

盆栽としての体を完成させた木であっても、太い根や長い根が残っている場合は、
植え替える時に切って置くようにしましょう。

■参考
・梅の木の育て方
 カテゴリ
 タグ