tamanegi (15).jpg
タマネギは栽培期間が長く酸性土が苦手という特徴があります


そのため、タマネギに合った土を作ることは、
大きく立派なタマネギを収穫するために欠かせません。

地植え、プランター栽培に限らず、
タマネギに適した用土で育てると、
美味しく立派なタマネギが収穫できます。


■タマネギが好む用土

タマネギは酸度の強い土や水はけの悪い硬い土が苦手です。
酸度が強いと、生育に影響が出て、枯れてしまうこともあります。

水はけの悪い、いつも湿気が多いジメジメした土は、
根を傷めたり、病気の原因になります。

硬すぎる土は、根の張りが悪くなりますし、
玉が肥大する時に邪魔になってしまいます。

日本は雨の多い国なので、土が酸性に傾きやすくなっています。
酸度を調節し、水持ちと水はけのよい土を作ります。


■地植えの用土

植え付ける2週間前には、土を作って置くようにします。


tamanegi.jpg
◎土づくりの方法
1.植え付ける場所を20cm〜30cm深さ掘り返し、よく耕します。

2.耕した土に、1uあたり苦土石灰を100g、堆肥を2kg〜3kg、
化成肥料を100g加えてよく混ぜます。

3.土をよく混ぜたら、高さ10cmの畝を作ります。

4.マルチ栽培をする場合は、畝を立ててからマルチを張りましょう。

5.土作りをした2週間後から、植え付けが可能になります。

土に加える堆肥は、完熟堆肥がおすすめです。
堆肥は小さな塊になっていることがあるので、
偏りや塊がないように、よくほぐして土と混ぜ合わせましょう。

苦土石灰は1uあたり100gでもいいですが、
念のため150g混ぜ込んでおくと安心です。


tamaneginae001.JPG
タマネギは、プランターや鉢でも、よく育ちます


■プランターなど容器栽培の用土

プランターや鉢、発泡スチロールなどの容器を使って栽培する場合、
用土は市販の野菜用培養土を使うのが便利です。

市販の野菜用培養土は、酸度の調整が済んでいることがほとんどで、
元肥も含まれており、野菜を育てるのに最適な状態になっています。

ごくたまに水はけの悪い、ピートモスなど細かいものが、
主原料となっている培養土があります。

市販されている培養土でも、水はけが悪いと感じたら、
必ず水はけが良くなるように調節しておきます。

また、以前に容器栽培で使った、
古土を再生させたものを使うこともできます。

古土を使う場合は、必ず一度熱消毒をさせておくようにします。
熱消毒すると、古土に含まれる有害な菌などを殺すことができます。

消毒は、真夏が適します、
難しくないので、古土が溜まってきた時にはぜひ試してみてください。


hurui2.jpg
資源の再利用です!


◎古土の消毒と再生
1.古土をよく乾かし、ふるいにかけ、
細かいゴミや古い根、石など余分なものを取り除きます。

2.ビニールの袋(できれば黒)の中にふるいにかけた古土を入れ、
古土を湿らせる程度の水を入れ、
口を縛って日当たりの良い場所に置いておきます。

3.口を縛った状態で、最低でも1週間は日光を浴びせ蒸しましょう。

4.時々、土の入った袋を動かし、日の当たる面を変えてあげます。

5.熱消毒が終わった土に、赤玉土や腐葉土、堆肥、苦土石灰、肥料などを、
3〜5割くらい加えてよく混ぜ、栽培に使えるようにします。

古土を使う場合も、苦土石灰を加えて混ぜておきましょう。

■参考
・タマネギの栽培|初心者にも分かる育て方
・タマネギの追肥は?
・タマネギ 大きくならない理由は?
・タマネギ 種まき方法は?
・ホームタマネギ プランターでの育て方
・タマネギ トウ立ちを防ぐには?
・タマネギの保存
・タマネギ 苗選び
・タマネギ 苗の保存
・タマネギ苗販売

*タマネギ栽培のことなら↓
>>タマネギ栽培.com
 カテゴリ
 タグ