habotan (2).jpg
ハボタン(葉牡丹)は、大きく分けて5つの系統に分けられます


ハボタンは、5つの系統以外にも、仕立て方や育て方によって、
普通のハボタンとは違う姿に作ることもできます。 



■ハボタンの種類


maruba-habotan.jpg
・丸葉系
丸葉系には、東京丸葉系と大阪丸葉系とがあります。
東京丸葉系は、古くは江戸時代から栽培されている品種で、
キャベツのような丸い葉の、最もオーソドックスな形をしています。

その東京丸葉系とちりめん系を、
かけ合わせて作られたのが、大阪丸葉系です。

ちりめん系とかけ合わせているため、
東京丸葉系に比べると、葉の縁が少し波打っています。


tirimen-habotan.jpg
・ちりめん系
丸葉系に比べ、葉の縁が細かく波打っていて、フリル状になっています。
フリルができる分、葉に厚みが出るので、
丸葉系よりもぎゅっと詰まった印象になります。

ちりめん系のハボタンは、名古屋で古くから栽培されていたため、
名古屋ハボタンとも呼ばれています。

鉢植えで育てられることが多かったようですが、
今では寄せ植えや花壇にも植えられています。


kireba-habotan.jpg
・切れ葉系(さんご系)
葉に深い切れ込みが入ったハボタンで、
丸葉やちりめんとは全く違った雰囲気を醸し出しています。

ロシアからきた切れ葉のケールと、
丸葉系のハボタンをかけあわせてできたものに、
さらに丸葉系のハボタンをかけ合わせてできた品種です。

普通のハボタンに比べ、切れ込みも深く、葉も細いので、
スタイリッシュで繊細な印象です。


hatubeni.jpg
・高性系
名前の通り、草丈60〜70cmと、高くなる品種です。
バイカラートーチ、初紅、冬紅、初夢などが有名です。

主に切り花に使うために栽培される品種ですが、
花壇や寄せ植えの後方に植えて楽しむこともできます。


minihabotan.jpg
・ミニハボタン
ミニサイズのハボタンのことですが、ミニハボタンには2種類あります。

1つは、通常よりも小さく育つハボタンのことです。
種も販売されていて、袋にはミニハボタンと書かれていることが多いです。
育て方は普通のハボタンと同じですが、小さく育ちます。

もう1つは、普通のハボタンを小さく仕立てたものです。
ハボタンは、株間や根が伸びる範囲を狭めることで、
株を小さくする性質があります。
その性質を利用して仕立てたのが、ミニハボタンです。

通常は3号ポットに1株育てますが、ミニハボタンの場合は、
3号ポットに複数の株を育てます。


kyo-maiko.jpg
人気の踊りハボタン 京舞妓 C)ガーデニングクラブことぶき

◎踊りハボタン
まれに、ホームセンターや園芸店などで、
踊りハボタンの苗が売られていることがあります。

この踊りハボタンとは、普通のハボタンを夏越しさせて仕立てたものです。
ハボタンは、通常初夏になるとトウ立ちをしてしまいます。

そのまま放っておくと枯れてしまうことがほとんどのため、
一般的には一年草として扱われています。


habotan.jpg
花を切ると新しい芽が伸びます


ところが、トウ立ちした時に、花茎を切り取ります。
すると新しい枝が伸びてきます。

枝数は株の大きさや仕立て方で増減しますが、
残した枝先に葉が出て、小さなハボタンがついた状態になります。

このように、踊りハボタンは特別な品種があるわけではなく、
育て方や仕立て方が、普通のハボタンと少し違っているだけなのです。


habotan03.jpg
いろいろな品種を合わせると、おしゃれな花壇、寄せ植えになります


■参考
・ハボタンのプランター栽培
・ハボタン(葉牡丹)の育て方|年末年始の購入株を毎年楽しもう♪
・ハボタンを簡単に増やす方法は?
・踊り葉牡丹の育て方は?
・ミニハボタンの育て方
・ハボタン 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・クリスマス 寄せ植えのコツ
・ハボタンの害虫対策
[葉牡丹] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ