petyunia.jpg


ペチュニア(サフィニア)は、ガーデニングに欠かせない
人気の花で育て方は簡単ですが、雨に弱い植物です。

梅雨の長雨にうたれる季節は、
病気が発生したり、腐りやすくなります。

ペチュニアは、なるべく雨のあたらない場所で育てましょう。
秋遅くまで咲き続ける愛らしい花ですので、
花壇のガーデニングに使いたいお花です。

長雨をよけられるコンテナやハンギング、
出窓や玄関で楽しむと、ペチュニアも喜んで育ってくれます。

ペチュニアの育て方のポイントは、
茎が伸びてくると根元のほうには花を付けないので、
一度茎全体を10cm位に切り戻します。
こうすると枝数が増え再びりっぱに咲きます。

ペチュニアは、梅雨どきか、
それ以前に切り戻しをして風通しがよくしておくと、
植物全体のダメージも少なく、夏にも多くの花をつけます。

ペチュニアは、風通しが悪いと、
葉や茎が腐ることがあるので、注意しましょう。


■栽培情報

・植える時期 3月〜4月
・土/種類名 園芸培養土
・肥料 地植え:固形有機、元肥
    鉢植え:固形有機、水肥、元肥
・肥効時期 4月〜7月、9月〜11月
・水やり 成長期:表面が乾いたらたっぷり
     休眠期:表面が乾いたら
 カテゴリ
 タグ