takana002.jpg
タカナの漬物は最高です


■タカナ 栽培データ

英名・学名 tacana・brassica juncea var. integrifolia
形態 一年草
原産地 中央アジア
草丈/樹高  30cm〜60cm
栽培難易度(1〜5)  2
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
特性・用途  初心者向き、長期間収穫できる



■タカナ プランターの育て方

・栽培環境
日光を好みますが、少々日当たりの悪い場所でも育ちます。
日照不足になると、生育が鈍るので、
日当たりが悪すぎる場所は避けましょう。

寒さには比較的強いですが、冬の冷たい風に当たると、
葉先が傷んだりして食味が落ちるので注意しましょう。

ただし、寒さにあてた方が味はよくなるので、
越冬させる時も必ず屋外で管理するようにします。

・プランター
標準プランターでも育ちますが、大株に育てるのであれば、
深さが20cm以上ある大型プランターを選びます。

条間は10cm〜15cmなので、標準プランターでも2条植えが可能です。
65cmのプランターで、間引きつつ最後には5株〜6株収穫できます。


プランターの底が隠れるくらいに鉢底石を敷きます。
鉢底石の上から、市販の野菜用培養土を入れます。

プランターの高さの8〜9割ほど培養土を入れます。
培養土を平らにしたら、種まきのプランターの準備は完了です。

・種まき

タカナは春にも種まきをしようと思えばできますが、
思ったより大株になる前にトウ立ちしてしまうことが多いです。

秋まきは、冬に大株収穫をすることも可能ですし、
春までかきとり収穫をし、トウ立ちしたら株ごと収穫ができます。

秋まきは、初めてのかたにも作りやすく長期の収穫ができます。
秋まきは9月〜10月上旬が適期です。

準備したプランターに、播き溝を作ります。
割り箸や短い支柱を使うと、直線に溝を作ることができます。

条間は10cm〜15cmとり、深さ5mmの播き溝を2条作ります。
播き溝に1cm間隔で種を置き、
溝の上下を指でつまむようにして土を寄せ、
種に土をかぶせます。

土の表面を手の平で軽く叩いておき、
プランターの土が全体的に湿るよう、たっぷりと水を与えておきます。

・間引き
・1回目
全体的に発芽がそろったら、1回目の間引きを行います。
生育の良いものを残し、生育の悪いものを間引いて、
株間が3cmくらいになるようにします。
間引く時、引き抜くのが難しい場合は、
地際からハサミで切ってもかまいません。

・2回目
本葉が3枚〜4枚になったら、2回目の間引きを行います。
この時は株間が7cm〜15cmくらいになるように、
生育の悪いものを間引きます。

株間が広い方が大株に育ちやいので、好みによって調整します。
2条植えをしているので、列ごとに株が互い違いに残るよう、

ジグザグにすると、株が重ならず風通しも良くなり、
株間が広くとれるので、生育がよくなります。

・水やり
発芽までは乾かないように水やりをします。
発芽した後も、まだ根が浅く、乾燥には弱いので、
株がしっかりしてくるまでは乾燥に注意しましょう。

その後は、だんだんと気温も下がってくるので、
土の表面が乾いていたら水を与えるようにします。

水を与える時は、表面がけ湿らせるのではなく、土全体が湿るように、
プランター全体に万遍なく、たっぷりと与えます。

また、寒い間は早朝や夕方以降に水やりをすると、
土が凍ってしまうことがあります。
できるだけ気温の高い日中に水やりをしましょう。

・肥料
2回目の間引きの時に追肥を開始します。
化成肥料を与える場合は、2週間ごとに与えるようにしましょう。
液体肥料を与える場合は、1週間ごとに水代わりに与えます。


takana.jpg
タカナの漬物のおにぎりも最高!

・収穫
タカナの収穫方法は2種類あります。
年内に収穫する方法と、春まで長期間収穫を続ける方法です。

・年内収穫
年内にタカナを収穫したい場合は、株が大きく育った頃に一気に収穫します。
株元からハサミやナイフを入れるか、根ごと引き抜いて収穫します。
根ごと引き抜く時、上の方を持つと、葉がちぎれてしまうことがあるので注意します。

・長期収穫
葉が25cm〜30cmくらいになったら、収穫を開始できます。
外側の大きくなった葉から、ハサミを使って軸を切り収穫します。

一度に大量の葉を収穫してしまうと、その後の生育が鈍るので、
4枚〜5枚は葉が残るように収穫します。

春になり、トウ立ちして花芽が伸びてきたら、株ごと収穫します。
葉は通常と同じように漬物などにして食べられます。

花芽の部分は菜花として食べることができ、
ピリッとした辛みがあっておいしいです。

花が咲いてしまうと、葉がとても硬くなってしまう上に、
菜花としても食べにくくなります。

花芽が見えてきたら、葉が柔らかいうちに、
できるだけ早く収穫し、食べてしまいましょう。


takana001.jpg
ナバナも美味です


■病害虫

タカナはアブラナ科なだけあり、害虫にとても狙われやすいです。
アブラムシ、ナメクジ、ヨトウムシなどの幼虫類がよくつきます。

タカナは葉を食べる野菜なので、
葉や生長点を食害されると収量が極端に減ってしまいます。
害虫を防除するため、種まきを済ませた後は、
すぐに寒冷紗や防虫ネットで覆っておきましょう。

■参考
・タカナ(高菜)の育て方と栽培方法
・高菜のレシピ
 カテゴリ
 タグ