スポンサードリンク

2008年06月14日

古土の再生方法

花や野菜が良く育たない、ということの原因に、
土を再生せず使い続けているいうことが、まずあげられます。

ここでは、古土・園芸用土の再生法・エコロジカルな、
リサイクル方法をご紹介します。


■古い土が園芸に適さない理由は?

・土の粒が壊れて、水はけや通気性が悪くなっている。
・植物を育てていたときの病原菌や虫が土についている。
・腐葉土に含まれていた有機物や微生物が失われている。

 
このような原因で、病気になったり根腐れをおこしたり、
花つきが悪くなったりします。


■園芸用土の再生方法


hurui1.jpg

1.古土の不純物を取り除く作業

プランターを例にすると、
終わった花や野菜を取り除いて土だけにします。
表面の植物の枯れ葉や古い根などを取り除きます。

できれば数日間、よく乾かして、
プランターをひっくり返し、
ゴロ石を取り除きます。
土を崩して、枯れ葉や古い肥料のかす、
古い根などを取り除きます。


hurui2.jpg

2.土を振るいにかける作業
 
7〜10ミリ目の振るいで古根やゴミ、ゴロ土を取り除きます。
ゴロ石は再生できますので、取っておきます。
 
*ここで、振るいにかけた土を再度、1、5〜2ミリ目の振いにかけて、
みじんになった土を捨てる方法もありますが、
そこまでのする必要性はないでしょう。


hurui3.jpg
白より黒いビニール袋のほうが温度が上がります


3.殺菌の作業

殺菌と虫の駆除にはいくつかの方法がありますが、
ベランダや庭で行う方法を紹介します。

・太陽熱を利用する
太陽熱の効果で蒸気消毒し、病菌や害虫を駆除します。

さきほどの湿った土をポリ袋(できれば黒の)に、
3分の1量くらい入れて密封します。

土を充分湿らすことがポイントです。
このまま、コンクリートか夏の直射日光が、
充分に当たるところに平たく置いておきます。

こうしておくと袋の中は40度以上の高温になり、
自然に殺菌ができるわけです。
袋をかえして約7日ぐらい当てます。

・電子レンジを利用する
私は試したことがないですが、同様に湿らせた土をポリ袋にいれ、
電子レンジで約4〜5分加熱し、その後数分蒸らします。

これで、土の殺菌再生は、OKです。

4.古土の利用

古土は、消毒殺菌され、きれいな土として甦りました。
しかし、一度使用した土は有機質や微量要素が減っていますので、
理想的な土とは言えないですね。

ですので、新しい土と古い土をブレンドして使用するのが良いです。
私は、古土4、培養土4、腐葉土2くらいの割合でブレンドしています。

土壌改善復活剤を混ぜて使用する方法もあります。
土壌改善復活剤に使用する割合が書かれているので確かめてください。

少し手間をかければ、お金も資源も節約できます。
慣れてくると、簡単ですので、お試しください。

スポンサードリンク
タグ:古土再生
【園芸 用土 肥料 薬剤の最新記事】
posted by you at 16:40 | 園芸 用土 肥料 薬剤