ajisai (1).JPG
アジサイ「マジカルノブレス」


アジサイを植え替えた時に葉が黒くなることがあります。
また、長く植えているアジサイの葉に、
黒い斑点ができることもあります。

原因は環境の変化や病気によるものです。
病気であれば、適切な対処が必要になります。


yamaajisai.jpg
ヤマアジサイ、調子が悪そうです


■アジサイ 葉が黒い

1.環境の変化によるもの
アジサイの葉が黒くなる原因の一つに、環境の変化が挙げられます。
特に、室内で育てていたアジサイを、
地植えに降ろした時におこります。 


葉全体が急激に黒くなってしまいます。
これは、突然直射日光に当たったことによって、
葉が日焼けを起こしたものです。

黒くなった葉は、光合成をすることができませんので
取り除いてしまいます。

アジサイが環境の変化に適応すれば、新しい芽が出てきます。

2.病気によるもの
・斑点病
アジサイの葉に所々黒い斑点ができることがあります。
これは、斑点病という病気が原因で起こります。


適切に対処しなければ、どんどん広がって行く病気です。
斑点病の原因は、カビによるものです。

黒くなった葉をよく見ると、
黒いカビのようなものが生えているのが分かります。

特に梅雨時期に多く発生し、胞子によって増えて広がっていきます。
一度発生すると、土壌に菌が残り、毎年発生します。
以下のような適切な対処が必要です。


ajisai (2).JPG
アジサイの葉のようすも毎日チェックします「マジカルレボリューションブルー」


・斑点病の対策
土壌の水分の跳ね返りが発生の原因になります。
株元をバークチップや敷き藁などマルチで覆い、
水はねを予防しておきます。

また、剪定で株の風通しを良くしておくことも、
斑点病の予防に役立ちます。

斑点病を発見したら、早めの対策が必要です。
まだ初期の段階であれば、
病気になった葉をすぐに取り除き、処分します。

酢を薄めたものを散布すると、
初期の段階では病気が広がるのを防ぐことができます。

病気が進行した株は、病気にかかった葉を、
すべて切り落として処分し、薬剤を散布して消毒を行います。

土壌に原因菌が残ると越冬し、翌年も病気が発生します。
休眠期には、土壌にも薬剤を散布して殺菌し、
翌年の斑点病の発生を防ぎましょう。

■参考
・アジサイを小さく保つコツ
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの育て方|鉢植え
◎アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
・アジサイ 切り花に
>>アジサイの育て方.net
 カテゴリ
 タグ