yaguruma300.jpg


ヤグルマギク、別名コーンフラワーは、
キク科の一年草または越年草で、
高さ30〜90センチにもなります。
ユキノシタ科のヤグルマソウとは別の植物です。

とくにブルーの花が美しく人気があり、
コーンフラワー、バチュラーズボタンとも呼ばれます。
茎・葉に少し白いうぶ毛をかぶっています。

初夏5月〜7月に、形が矢車に似た、
青紫・桃・鮮紅・白・青色などの、
八重咲きや一重咲きの花が咲きます。

ヤグルマギクは群生がみごとです。
もともとヨーロッパの原産で、
雑草から園芸用に改良されたのだそうです。


ヤグルマギク育て方

ヤグルマギクの栽培は、秋まきで、
9月下旬以降の少し涼しくなったころにはじめます。

タネを直接土にまけば簡単に発芽します。
1年草ですが、こぼれダネで増え、
毎年美しい花を咲かせます。

苗の場合は、根を動かさないように植えつけます。
日当たりと水はけのよい所で育て、
株間25〜30cm間隔とるようにします。

植え場所は、日当たりが良く風通しの良い場所が最適です。
風通しが悪いと、うどん粉病などになりやすいので、
時々混んだ茎を取り除きましょう。

腐葉土など、有機質がたくさん入った土だと大株に育ちます。


■栽培情報

・タネまき時期 9〜10月
・土/種類名 赤玉土、腐葉土
・肥料 地植え:固形有機、化成
    鉢植え:固形有機、化成
・肥効時期 適宜
・水やり 成長期:毎日


ヤグルマギク利用方法

花は、乾燥しても色鮮やかなので、
ドライフラワーやポプリの材料として利用できます。

エディブルフラワー(食用の花)として、
サラダやフルーツ、アイスなどに添えると、
美しく新鮮な彩りが楽しめます。

また、花に収斂性があり、消炎作用があるので、
熱湯をかけて30分ほど待って、こすと、化粧水になるそうです。
葉と花は、ハーブティーにも良いです。
 カテゴリ
 タグ