goya.JPG
今年は、沖縄中長ゴーヤも育てています


ここでは、地植え、プランターや鉢など、容器栽培での、
ゴーヤの水やりについてご説明します。



■ゴーヤ 水やりの頻度は?

・地植えの場合
地植えの場合は、雨が当たる場所なら、
気温が低い間は毎日水を与えなくても、問題ありません。

夏になって気温が高くなる頃には、
つるもぐんぐんと伸びて、実もついてきます。

真夏は雨だけでは足りなくなってくるので、
土が乾いているようであれば水を与えます。


表面を湿らせるだけでは、すぐに土が乾いてしまって、
十分に水を吸収することができません。

水を与える時は、必ず中までしみこませるように、
たっぷりと与えるのが鉄則です。


goya-ne.JPG
ゴーヤの根が浮き出ていたら土を足してあげます


・容器栽培の場合
プランターや鉢など、容器で育てている場合は、
用土の表面が乾いていたら水を与えます。

容器栽培の場合も、表面を湿らせるだけでは不十分です。
容器の底や横にあいている穴から、水が出てくるまで水やりをします。

真夏は、地植えよりも土量が制限されるため、乾きやすいです。
朝に水やりをしても、夕方にはもう乾いてしまうことがあるので、
その場合は夕方にも水やりを行います。


昼間は気温が高すぎて、土を温まっています。
そんな時に水やりをすると、土が蒸されて根が傷みます。
特に夏の間は、朝か夕に水やりをしておきましょう。

■参考
・ゴーヤ 種まきの時期と方法
・ゴーヤ グリーンカーテン 伸びない
・グリーンカーテン|ゴーヤ以外で人気の植物
・グリーンカーテンゴーヤにつく虫
・ゴーヤ グリーンカーテンの育て方
・ゴーヤの水やり 留守中は?
 カテゴリ
 タグ