tomatonae.jpg
野菜がうまく育たないのはプランターサイズに問題があるのかもしれません


■プランターサイズ 野菜栽培

市販されているプランターには、様々なサイズのものがあります。
育てる野菜に、適したサイズのプランターを選ばないと、
思ったほど大きく育たないことがあります。 


トマト、ナス、ゴーヤなど夏野菜は、
とくに、とても生育が旺盛で丈夫な植物ばかりです。
地上部分がよく伸びるのと同じように、土の中の根もよく伸びます。

また、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど秋野菜も、
根を張り、葉を茂らすスペースが必要です。


tomato2015 (4).JPG
大玉トマトも深型標準プランターで2株育てられます


・プランターサイズの大切さ
そのため、小さなプランターを選ぶと、
根の発育が早すぎて、プランターの中が根でいっぱいになります。
また、プランターに多くの苗を植えても同じ現象になります。

プランターの中が根でいっぱいになってしまうと、
根詰まり」という状態になり、茎葉やつるの伸びが悪くなり、
花があまり咲かなかず、実が大きくなりにくいです。


・標準プランターとは?
プランターを選ぶ時、深さと長さ(幅)が重要になります。
浅いプランターだと根が育ちきれませんし、

長さが不十分なプランターにたくさん植えると、
すぐに根詰まりを起こしがちです。

プランターには標準プランターと呼ばれる、
深さ18.5cm奥行22cm長さ65cmのタイプがあります。 


この標準プランターは、根の浅い植物や、
一年草の草花などを育てるのにちょうどよいサイズです。

夏野菜や秋野菜は、標準プランターでも育てられますが、
やはり深さが足りないため、思ったより生長が捗らず、
良い収穫できないといったことが起こります。


suika (20).JPG
1苗なら、10号鉢(直径30p、13リットル)で育てられます(スイカ)


・深型プランターとは?
標準プランターとは別に、
野菜など根の深い植物を育てるのに適した、
深型プランターというものがあります。

こちらは深さ27cm奥行26cm長さ60cmくらいと、
深さと奥行が標準プランターよりも大きいサイズとなっています。


深さが十分にあるため、根を張るスペースを広くとることができます。
野菜の中でも、トマト、ナス、ゴーヤなど、
実をつける果菜類を育てるのに適しています。

いくつかのプランターのサイズと、
それぞれに植え付けが可能な株数(トマト、ナス、ゴーヤ共通)を、
覚えておくと便利です。


goya (5).jpg
標準プランターでは、1株にしたほうが育ちが良いです


■代表的な野菜用プランターサイズ

・深型標準プランター 
深さ27cm奥行26cm長さ60cm30リットル
植え付け数は2株〜3株

・深型菜園プランター  
深さ29cm奥行40cm長さ67.5cm50リットル
植え付け数は2条で4株〜6株

・深型プランター700  
深さ32cm奥行30cm長さ70cm50リットル
植え付け数は3株
*メーカーによって若干サイズに違いがあります。

■参考
・プランター 支柱の立て方 図解
・野菜 支柱の立て方
 カテゴリ