Lemon grass.jpg
ハーブ苗 レモングラス 250円 (税込)  C)ハーブガーデン 蒼


レモングラスは、熱帯アジアを原産とするハーブのため、
高温多湿にはとても強いです。

しかし、その反対に、日本の厳しい冬は、かなり苦手です。
確実に株を来年に残す冬越しの簡単な方法も紹介します。


■レモングラス 冬越し

レモンのような爽やかなレモングラスの香りは、
とても人気があり、アロマオイルとして親しまれています。

柑橘系の香りは、気分をリフレッシュさせるのに良いとされていて、
車に置く芳香剤としても、とてもおすすめです。

そんなレモングラスですが、
越冬には5℃以上が必要で、非耐寒性の植物とされます。 

寒さには少し弱く、屋外でそのまま冬越しができるハーブではありません。

1.マルチングで冬越し
とくに暖かい地方であれば、マルチングでも冬越しができますが、
関東以北の日本の多くの地域では、難しい方法だと言えます。

関東より南の地域では、レモングラスを冬前に10p程度に刈り込み、
腐葉土や敷きわらでマルチして、霜や凍結から守ります。

確実に冬越しさせるのであれば、鉢上げするのが良いですね。

2.鉢上げして冬越し
鉢上げというのは、鉢へ移植することですが、
レモングラスを霜の降りる前に鉢上げして、
冬の間、暖かい室内で管理するのが安心です。

庭に植えているレモングラスを鉢に移植して、部屋で管理するのは、
少し手間がかかりますが、株を確実に冬越させる一番の方法です。

3.簡単に鉢上げするには?
レモングラスは、草丈が約130センチまで伸び、葉も旺盛に育つため、
大きくなった株を鉢上げするのは、なかなか大仕事です。

簡単に鉢上げする方法としては、土に植え付けるときに、
冬越しを見越して、鉢ごと植えてしまう方法があります。 


この方法であれば、霜がおりる季節の前に土を掘り起こして、
出てきた鉢を整えて、部屋の中で管理するだけで済みます。

手間がかからないだけではなく、根を傷めることなく鉢上げできるので、
生育的にも、理にかなった方法だと言えます。

あるいは、株分けするときに、
越冬用の鉢植えを作っておくのも便利です。 


■参考
・レモングラスの育て方
・レモングラスの株分け
・レモンマートルの育て方と利用方法
・レモンの育て方と品種
 カテゴリ
 タグ