kyuri (1).jpg
支柱の組み方が良いとキュウリが健康に育ちます


■キュウリ 支柱の組み方

キュウリの支柱やネットを立てる方法は、何通りもあります。
地植えで育てているのか、鉢やプランターで育てているのか、
スペースがどのくらいあるのかによっても、適す支柱が異なります。

支柱の立て方と、それぞれにおすすめの植え方をご紹介します。
必要に応じて、キュウリネットや園芸ネットを使うと誘引しやすいです。


tyokuritusiki (2).jpg
・直立式
ストレートの支柱を縦に何本か立て、
そこにストレートの支柱を横に這わせるように組む方法です。


プランターや地植えでキュウリを育てる時におすすめの組み方です。
最小限の支柱の本数で支えるので、日当たりが十分に確保できるのが魅力です。

ただし、支柱の本数が少ない分、風には弱いので強風には注意が必要です。
複数の株を植え付けた時、1株に支柱を1本立てると良いでしょう。
斜め方向に補強の支柱を添えると安定感があります。


kyuri.jpg
支柱立てにフェンスを利用するのも良い方法です


gassyosiki011.jpg
・合掌式
ストレートの支柱を苗の両脇に立て、
上部を交差させて固定することで合掌の形を作ることができます。

複数の合掌を作った丈夫に、ストレートの支柱を横に這わせる、
キュウリネットを付けると、さらに強度が増します。


この組み方は、丈夫で風にも強く、実がつくようになってからも、
重さに耐えることができるのが魅力です。

ただし、支柱の本数が多いことと、キュウリが生長してくると、
中心がつるで陰になってしまうため、
直立式に比べると日当たりが悪くなることがあります。

この組み方は地植えでもプランターでも使えます。
両方の支柱からつるを這わせることができるので、
地植えの場合は二条植え、
プランターの場合は、
2つのプランターを並べて二条植えの状態にした時におすすめです。


支柱の長さは180pくらい、太さは16o以上が良いです。


screen.jpg
・スクリーン仕立て
ストレートの支柱を両端、あるいは中ほどにも何本か立て、
そこにストレートの支柱を何本か横に這わせる、
あるいは園芸ネットを張る組み方です。


広い範囲をカバーすることができるので、
地植えやいくつもプランターを並べて育てる時におすすめです。

支柱と支柱の幅を調節するだけで、反対にプランター1個だけの、
狭い範囲立てることも可能なのも嬉しいところです。


screen (2).jpg
グリーンカーテン 栽培セット C)ガーデニングライフ


プランターなどの狭い範囲で立てる場合は、
ホームセンターなどで市販されている、
支柱とネットのセットを使うと便利です。

また、塀や壁などの際で育てる時も、
平面に沿って組むことができるので便利な組み方です。


直立型と同じで、強い風には弱いので注意が必要です。
また、範囲が広いのに支柱の数が最低限にしてしまうと、
実の重さでネットがはずれたり、支柱が倒れることがあるので、
強度と支柱の本数には注意します。


andon.jpg
・あんどん仕立て
棒状の支柱に何段かの輪をつけたもので、
つる植物を誘引するときによく使われる支柱です。

そのため、鉢植えでキュウリを育てる場合におすすめの支柱です。
省スペースですので、スペースの限られているベランダなでで活躍します。

市販されているあんどん支柱長さ180pを使い、
足らなかったら長めの支柱をつぎ足します。


通常のストレートの支柱を四角く立てたところに、
横に30p間隔くらいで紐などをくくりつけて、
簡易のあんどん仕立てにすることもできます。

この場合は、地植えの四角いスペースでも、
使うことができるので便利です。

■参考
・キュウリの摘芯と葉摘みのコツ
・キュウリが曲がる理由は?
・キュウリ、トマト、カボチャ うどんこ病 対策
・つる枯病の予防と対策  
・キュウリの育て方|ずらして植え付けて秋まで収穫!
・キュウリの病気

*キュウリ栽培のことなら、
>>キュウリの育て方.com
 カテゴリ
 タグ