ajisai.jpg
アジサイ「マジカルノブレス」、白から花の中央が緑、ピンクに変わり上品できれいです


■アジサイ 切り花に

アジサイの切り花を長持ちさせる方法は?

1.余分な葉を取り除く
余分な葉をつけたままにしておくと、葉から水分が蒸散し、
萎れるスピードが速くなってしまいます。

また、水に浸かる部分に葉があると、雑菌が増えやすくなるので、
少なくとも水に浸かる部分の葉は取り除くようにします。

2.水切りをする
庭の株から花を切ってきた、
切り花を買ってきた場合でも、必ず水切りを行います。

バケツや桶の中に水を張り、その中に茎の先を浸けた状態にします。
そのままの状態で、水の中で切口から数センチほどのところ、
あるいは花瓶にさすのにちょうどいい長さのところで切ります。

こうすることで、切り口に空気が触れず、
雑菌がつくのを軽減することができます。

*1番と2番は、どのような切り花であっても、
長持ちさせるために必要なことです。

アジサイは水上げが少し難しい植物ですので、
ここからさらに一工夫させることで、
水上げしやすい状態を作るようにします。


3.切口を焼く
水切りした切口を、コンロの火などであぶる方法です。
まず、切り口以外の茎や花が傷まないよう、
全体の三分の二ほどを新聞紙などでくるんで保護します。

コンロの火をつけ、火に対して切口が斜めに当たるようにします。
切口から1cm〜2cmほど黒くなるまであぶり、
その後バケツなどに張った水の中に入れて冷やします。

切口を炭化することで、水を吸い上げやすくします。
火を使うので、火傷やくるんだ新聞紙などが燃えないように注意しましょう。


ajisai (2).jpg
アジサイ「マジカルレボリューションブルー」白からブルーに変化するのがみごとです


4.お湯に浸す
切口をお湯に浸して、水上げしやすくする方法です。
火であぶる時と同じように、
全体の三分の二を新聞紙などでくるんで保護しておきます。

鍋などでお湯を沸かし、切口から3cm〜5cmほどつかるようにします。
そのままの状態で20秒ほどつけておき、
その後すぐに水を張ったバケツなどに入れて冷やします。

5.切口を叩く
切口をハンマーなどで叩いて潰します。
こうすることで水を吸い上げる面積を広げることができます。
ハンマーで叩いて潰す他に、
ハサミで数センチほど十字に切り込みを入れる方法も、
同様の理由で効果的です。

6.中の綿を取り除く
茎の先を数センチにわたり斜めに切り、
中に詰まっている綿のようなものをかきだします。

こうすることにより、断面が広がって水を吸い上げる面積が増える上に、
水の通り道を広くすることができます。

■参考
・アジサイを小さく保つコツ
・アジサイの育て方|毎年咲かせる剪定方法
・アジサイの育て方|鉢植え
◎アジサイの挿し木(挿し芽)の方法 画像つき
 カテゴリ
 タグ