nioibanmaturi.jpg


■ニオイバンマツリの剪定は?

ニオイバンマツリ(アメリカジャスミン、ブルンフェルシア)は、
前年に伸びた充実した枝に花が咲きます。

枝は花が終わった後に伸び始める上、
翌年に咲かせる大事な花芽は夏に作られます。

そのため、必然的にニオイバンマツリの剪定は、
花後すぐにするのが良い、ということになります。

どのくらい切るかは、どのように仕立てるかによって変わりますが、
基本的な剪定方法は、ほぼ同じです。

・細くて弱い枝を切る
細すぎる枝は充実しているとは言い難く、
翌年に、花付きが悪かったり花を咲かせなかったりします。
そのため、全体を見て細すぎると感じた枝は、根元から切るようにします。



nioibanmaturi20(2).jpg
・長く伸びすぎた枝を切る
ニオイバンマツリは、本来は枝を数メートル伸ばします。

長く伸ばせば伸ばすほど、仕立て方によっては花数も多くなりますが、
育てている鉢のサイズやスペースによって、枝を長くするにも限度があります。

長すぎる枝と短い枝が混在すると、樹形が崩れやすくなるのも難点です。
長く伸びすぎたなと感じる枝があったら、切り戻しをするようにします。
この時、短い枝に長さを合わせて切ると、樹形がまとまりやすくなります。



nioibanmaturi.jpg
・混みあっている枝を切る
切り戻した枝から複数の新しい枝が伸びることがあります。
これを繰り返していくと、いつの間にか枝数が増え、
時には混みすぎてしまいます。

枝が混みあってしまうと、風通しが悪くなり、
病害虫にかかってしまうことがあるので、
混みあっている部分の枝は間引くように、
不要な枝を根元から切るようにしましょう。


以上の3点に注意すれば、毎年花を楽しむことができます。

全体的に枝が伸びすぎて、一回りコンパクトに仕立てたい場合は、
花後に切り詰めるようにします。

剪定のタイミングや育てている環境によって、
翌年に花を咲かせないことがあります。

しかし、また通常と同じように管理すれば、
その次の年にはまた花を咲かせてくれるようになります。

剪定で切った枝を、挿し木すると容易に増やせます。
・ニオイバンマツリ 挿し木(挿し芽)の方法 画像つき

■参考
・ジャスミン類の育て方 栽培方法 繁殖力が強く庭にも最適
・ニオイバンマツリ 花が咲かない
・ニオイバンマツリの育て方
・ニオイバンマツリ 冬越し
・ニオイバンマツリの開花
 カテゴリ