夏野菜といえども、全ての野菜が暑さに強いわけではありません。
夏野菜の中にも、暑さに弱いものと強いものがあります。

暑さに強いものなら、それだけ暑さによって枯れるリスクが低くなります。
暑さに強い元気いっぱいの野菜を育てて食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

*青いリンクから育て方のページに飛びます。


■暑さに強い野菜

edamame (2).jpg
・エダマメ 

マメ科 
種まき:4月下旬〜5月 
収穫期:7月〜8月


エダマメは大豆の鞘を若採りしたものです。
そのため、収穫が遅れてしまうと、豆が硬くなってしまうので、
収穫のタイミングが重要です。

マメ科は根に根粒菌というものを作り、自分で栄養を作ることができます。
そのため、過剰に肥料を与えると、逆に株を弱らせることになりかねません。

徒長しないよう、締まった株に育てるため、
日当たりの良い場所で肥料を少なめに育てましょう。



goya.jpg
・ゴーヤ 

ウリ科 
種まき:3月〜5月 
植付:4月中旬〜5月 
収穫期:7月〜10月上旬


夏のグリーンカーテンに最適と、
ここ数年で人気が出てきているゴーヤは、とても暑さに強い植物です。

樹勢も強く、グリーンカーテンに仕立てて節電にも役立ち、
実を収穫して食べることもできて、とてもお得です。

ただし、暑さには強いですが、強風で新芽や花芽が傷むことがあるので、
ネットや支柱が風で煽られないようにしっかりと設置するようにしましょう。



nasu.jpg
・ナス 

ナス科 
種まき:3月〜5月 
植付:4月上旬〜6月上旬 
収穫期:6月中旬〜10月上旬


夏野菜の代表格であるナスも、暑さに強い野菜です。
栽培期間前半の収穫が終わった8月中旬頃、
一度根切りをして新しい根を育てることで、
秋ナスを収穫することができます。

水と肥料をよく吸い上げるので、切れないように注意が必要ですが、
それを守れば長期間楽しむことができます。



bell pepper.jpg
・ピーマン 

ナス科 
種まき:4月〜6月 
植付:5月〜6月上旬 
収穫期:7月〜10月


子どもが苦手な野菜の上位に上がるピーマンですが、
暑さに強く育てやすいので、食育にも向きます。

ツヤツヤとした美しいグリーンのピーマンは、
最初にできた実を早めに収穫するのがコツです。

最初の実が大きくなってきた頃、まだ株が育っていないことが多いです。
そのため、最初の実を早くに摘むことで株の負担を減らせます。
一般的なピーマンの他に、苦みの少ない子どもピーマンという品種もあります。



togarasi.jpg
・トウガラシ 

ナス科 
種まき:3月上旬〜4月中旬 
植付:4月〜5月 
収穫期:7月〜9月


トウガラシは暑さに強いだけでなく、病害虫にも強く育てやすい野菜です。
赤トウガラシ代表である鷹の爪の他にも、
韓国唐辛子や沖縄の島唐辛子など、意外とたくさんの品種があります。

辛さの度合いや使い勝手によって、品種を選ぶのもいいでしょう。
根が浅く、乾燥に弱いところがあるので、水切れに注意しましょう。



okura.jpg
・オクラ 

アオイ科 
種まき:4月上旬〜6月下旬 
植付:5月〜6月中旬 
収穫期:7月〜9月


オクラは寒さに弱く、発芽温度まで達していないと、
種をまいても発芽しないことが多いです。

その分暑さには強く、樹勢が強くなってくる頃には、
次々と実を収穫することができます。

根が真っ直ぐ下に伸びる直根性なので、地植えで育てる時は深く耕し、
鉢植えやプランターの場合は、深さのある容器を選ぶようにしましょう。

オクラは花がとても美しく、野菜の中でもトップクラスです。
鑑賞価値もあり、栄養満点な実も収穫できて一石二鳥です。



satumaimo.jpg
・サツマイモ 

ヒルガオ科 
植付:5月中旬〜6月中旬 
収穫期:10月頃


サツマイモは初夏にツルを植え付けて秋に収穫するので、少し栽培期間が長いです。
栽培期間が長いと、難しそうと敬遠されるかもしれませんが、
根付いてしまった後は意外と育てるのが簡単です。

暑さにも病害虫にも強く、手間もあまりかかりません。
地植えでしか育てられないと思っている方が多いかもしれませんが、
深型の大きいプランターを使えば、容器栽培も可能です。
自分で育てたサツマイモで焼き芋を味わうのも楽しみです。

■参考

・5月の家庭菜園作業 夏野菜と葉物の栽培

・6月の家庭菜園作業 夏野菜の栽培管理は手順が大切
・7月の家庭菜園作業 夏野菜のスタミナ切れに注意して
 カテゴリ