tomato (2).jpg
わき芽かきと摘芯が美味なトマトを作ります


トマトのわき芽かきと摘芯をしっかりすると、
トマトが元気に育ち、甘くて味わいのあるトマトが収穫できます。



[トマト わき芽かきと摘芯]


■トマトのわき芽かき

・わき芽とは?
主幹と葉の付け根から出ている余分な芽のことです。
わき芽の根元を折ると簡単にとることができます。


tomato-wakime.jpg
わき芽は、見逃すと50p以上にも伸びて本枝と見分けがつかなくなります


・わき芽をとる理由
トマトの場合、すべての葉の付け根からわき芽が出てきます。
そのままにしておくとかなりの数のわき芽が生長し枝になります。

すべての枝に実がなってしまうと養分が十分に行き渡らず、
小さく甘みの少ない実ができてしまいます。

主幹にできる実だけを充実させておくほうが、
果実に効率的に栄養分を届けられるので、
こまめにわき芽を取り除く作業をします。

また同時に、葉が繁りすぎると、
日当りが悪くなり実つきも悪くなってしまいます。


tomatowakime.jpg
わき芽かきの方法


◎わき芽かきのポイント
1.芽を取った場所が乾きやすいように、なるべく晴れた日に行います。
2.わき芽は見つけたら早めに5p以内で取り除くようにしましょう。
3.わき芽だけではなく、接ぎ木苗の場合は、
台木から直接でたわき芽も摘み取るようにします。



■トマトの摘芯の仕方

7月下旬から8月中旬ごろ、トマトは下の方から花房実がついてきます。


tekisin.jpg
摘芯の方法


下から5番目くらいまで花房がついてきたら、
その上の葉を3枚の越して茎の頂上、芯をカットします。

放任すると、葉や茎の生育に養分を取られるので、
果実が充分に育たなくなるので必ず摘芯します。

■参考
◎ミニトマトの育て方 栽培2 病虫鳥害対策
・トマトの苗の選び方|おいしい果実をいっぱい収穫
・トマトの花が落ちる理由は?
・トマトのひび割れの原因と対策
・大玉トマト プランターの育て方

◎わかりやすいトマト栽培なら♪
>>トマトの育て方.com
 カテゴリ
 タグ