Pansy002.JPG
咲き始めるパンジーを同色系でまとめるときれいです


パンジーを切り花にするとすぐにしおれてしまいますね。
きれいに長持ちさせるコツをお伝えします。


■パンジー 切り花

1.よく切れるハサミを使う
庭に咲いた花を切り花にする時、必ずハサミを使うことになります。
このハサミの切れ味が悪いと、切った断面がつぶれてしまい、
うまく水を吸い上げることができなくなってしまいます。

お刺身などでも、切れ味の悪い包丁で切ると、
目で見てもあまり分かりませんが、断面がざらざらになり、
味や鮮度に大きく影響します。

切り花にも同じことが言えますので、
花を切る時は必ず切れ味の良いハサミを使うようにしましょう。

また、ハサミから断面に雑菌が入ると、
切り花をいけている水の中で雑菌が繁殖します。

雑菌が繁殖すると、水も傷みやすくなる上に、
茎も傷んでとろけたようになりやすくなります。

ハサミは、つねに清潔に保つようにし、
できれば花を切る前に炙るなどして消毒するようにしましょう。

2.咲いてすぐに切る
開きかけている蕾、あるいは咲いてすぐの状態で切り花にしましょう。

咲いてしばらく経ったものは、株につけたままなら少しは日持ちしますが、
切ってしまうとすぐにしおれてしまいます。

花も野菜と同じように、新鮮なものの方がきれいに長持ちします。
花ガラとして摘む寸前のパンジーではなく、
これから美しく見ることのできる花を選んで切り花にするようにしましょう。


Pansy003.JPG
茎がまっすぐでいちばん長いところを切ります


3.茎を長めに切る
切り花にしたパンジーがすぐにしおれてしまうのは、
水分をうまく吸い上げることができなかったり、
蒸散する水分が多すぎて乾燥するのが原因です。

茎を長めに切ることで、吸い上げるためのホースが長くなり、
長持ちさせることができるようになります。

パンジーは苗の手入れとしても、時々切り戻しをする必要があります。
その切り戻しの時に、切り花用に茎を長く切ったものを使うと、
水の吸い上げがよくなります。
同じような理由で、茎の太い品種を育てるのも有効です。


Pansy001.JPG
紫と黄、青とオレンジ、赤と緑など補色の色合わせもきれいです


4.水を入れ替える
切り花にしたパンジーを挿している花瓶などの水を、
入れ替えることで、パンジーが美しく長持ちするようになります。

水の中には雑菌が入っていることがほとんどです。
雑菌も数が少ないうちはいいのですが、
繁殖してしまうと水が傷んでしまう原因となります。

傷んだ水につけていると、切り花の茎も傷みが早くなります。
冬の間は気温が低く、雑菌も増えにくいですが、時々水を交換してあげましょう。

水を交換する時は、水につかっていた茎の部分も一緒に洗ってあげると、
さらにきれいに長持ちします。

■参考
・パンジーの育て方
・パンジー ビオラ 季節の育て方
・パンジー ビオラが徒長したら?
・パンジー 花が咲かない
・パンジーの増やし方
・パンジーとビオラの寄せ植え
・パンジー 寄せ植えのコツ|合わせやすい植物たち
・パンジー 枯れる理由は?
・ガーデンシクラメン 寄せ植えのコツ
・パンジー 切り戻し方法
・パンジー 種の取り方
[パンジー] ブログ村キーワード
 カテゴリ
 タグ