siso (2).jpg
シソは乾燥に弱いので、水持ちの良い用土にします


シソは水もちと水はけが良く、肥沃な土を好みます。
特に水切れには弱いので、水もちの良さは重要です。

また、シソはあまり土質を選ばないと言われますが、
ほとんど土質を選ばず育ちはするものの、

香り高い良いシソを栽培し長期に収穫するには、
土づくりがとても重要なので試みてください。 



■シソ栽培の土

◎地植えの場合
地植えにする場合は、育てる場所をまずよく耕しておきます。

1uあたり、苦土石灰を1つかみ、堆肥を3〜4つかみ、腐葉土を2リットル、
緩効性化成肥料と油かすを1つかみずつふりかけ漉き込みます。

腐葉土や堆肥を加えることで排水の調整ができ、肥沃な土になります。
苦土石灰は土の酸度を調整するために加えます。

シソは酸性度を嫌う植物です。
日本は雨が多く、土は酸性に傾きがちです。

そのため、植え付ける場所には必ず苦土石灰を混ぜ、
酸度調整しておくわけです。

土に混ぜた堆肥や腐葉土、肥料などがなじむのに時間がかかるため、
土作りは種まきや苗を植え付ける2週間以上前に行うようにします。

最後に株元に腐葉土かワラを敷きこんであげます。
泥ハネと乾燥防止になるので、病気にもかかりにくくなります。 


◎鉢、プランターなど容器栽培の場合
鉢やプランターなどで育てる場合であれば、
市販の野菜用培養土を使っても良いです。

容器の底に堆肥を1〜2p敷きます。
その上に化成肥料を1つかみふり、市販の野菜用土を入れます。


jisakuyodo.jpg
自作用土の割合


自分で土を配合する場合は、小粒〜中粒の赤玉土と腐葉土を同量、
あるいは赤玉土6と腐葉土4をよく混ぜたものを使います。

また、市販の野菜用土であっても、弱酸性に調整されているものがあります。
袋に、酸度が記載されていることが多いのでよく確認しておきます。

もし弱酸性に調整されているのであれば、
苦土石灰を加えてよく混ぜ、弱アルカリに近づけます。

◎追肥・水やりを忘れない
間引きを始める頃から、最後の収穫まで、
肥料切れしないように追肥を行います。

固形肥料や緩効性化成肥料を規定量施しても良いですし、
液体肥料を500倍に薄め、1週間に1度与えます。


siso.jpg
シソの葉が黄ばんできたら肥料不足です


シソの葉が黄ばんだり、小さくなったりするのは、
肥料不足の兆候なのでよく観察してあげます。 


また生育の途中で水切れを起こすと、株が弱ってしまうので、
夏場は、朝夕の水やりを行います。

■参考
・青じそ(大葉)の分かりやすい育て方と食べ方
・シソ(大葉)のプランター 栽培のコツ
・シソの病害虫を防ぐ育て方
・ベランダや庭で簡単に育てられるハーブたち
◎青ジソ(しそ・紫蘇・大葉)を多く収穫するために
・シソ 室内での育て方
 カテゴリ
 タグ